アヴァンツァーレがプロデュースするアデッソというブランドのエアロをまとった30系ヴェルファイア前期です。

具体的にはフロントアンダースポイラー、サイドアンダースポイラー、ディーフューザー付きアンダースポイラーが装着されています。

車高を思いっきりローダウンできるように、エアロ自体も小振りなサイズとなっているのが特徴です。

ホイールはポリッシュカラーのメッシュスポークをチョイスすることで、スポーティーさとエレガントさを両立されています。

 

hiro_vel_77さん(@hiro_vel_77)がシェアした投稿 -

30系ヴェルファイア前期のカスタム仕様です。

エアロはTRDで、フロントハーフスポイラーとサイドスカートが装着されています。

ホイールはブラックのボディーカラーによく似合う、煌びやかなメッキカラーがセレクトされています。

サイズは19インチだと思いますが、車体が大柄なためか、少し小さく見えてしまっているのが
残念です。

しかし、車高は大幅にローダウンされていて、スタイリッシュなローフォルムを実現しています。

また、助手席側の純正のフェンダーミラーがキャンセルされているのも、すっきりとしていて好印象です。

 

Kimura Kunihisaさん(@92_kimura)がシェアした投稿 -

VIPワゴン仕様にカスタムされた30系ヴェルファイアです。

外装は派手なオレンジにオールペイントされ、思わず目がひかれてしまうくらい、インパクトがあります。

また、フロントフェンダーの起伏に合わせるように、リアフェンダーも直線的な起伏を追加し、さらに左右にワイド化することで、深リムサイズのホイールを履かせています。

よく見ると、リアのドアノブが後方へと移設されており、何やらドアに仕掛けが仕組まれていそうですね。

 

blackxgsさん(@xgsspirits)がシェアした投稿 -

ブラックカラーの車高短仕様の30系ヴェルファイア前期です。

エアロは小振りなアンダースポイラータイプを装着して、できる限り車高を低く落としています。

ホイールは弱コンケーブ形状の5本スポークタイプで、サイズは20インチくらいだと思います。

さすがにこの状態で自走するのは厳しいと思うので、足廻りにはエアサスが組まれていると思いますが、それにしても地面スレスレまでローダウンされたスタイルは圧巻ですね。

また、グリルが社外に交換され、さらにそれをブラック塗装することで、個性的なフロントマスクに仕上げています。

 

blackxgsさん(@xgsspirits)がシェアした投稿 -

こちらもブラックカラーのカスタム仕様の30系ヴェルファイア前期です。

特徴的な箇所はフロントマスクで、レクサスのスピンドルグリル風のバンパーダクトデザインと、社外のフロントグリルにトヨタエンブレムを組み合わせることで、あたかも純正のルックスであるかのように仕上げています。

また、サイドとリアには社外のアンダースポイラーを装着してさりげなくドレスアップしています。

ホイールはBBS LMのようなメッシュタイプが履かせられて、プレミアムな雰囲気を醸し出しています。

 

blackxgsさん(@xgsspirits)がシェアした投稿 -

マットオレンジカラーの30系ヴェルファイア前期です。

フロントバンパーは社外で、中央部をシルバーに塗り分けることで、かなり個性的なルックスを実現しています。

フォグランプはあえてキャンセルされ、ダクトの開口面積を拡大することで、スポーティーかつ斬新なルックスを実現しています。

一方、サイドとリアはアンダースポイラーでシンプルにドレスアップしています。

また、フロントグリルもエンブレムレスの社外へと交換することで、表情を大きく変えています。

さらに、ドアミラーカバーとルーフが黒く塗り分けられていて、外装にメリハリがつけられています。

 

blackxgsさん(@xgsspirits)がシェアした投稿 -

こちらはホワイトカラーの30系ヴェルファイアのカスタム仕様です。

フロントバンパーはワンオフなのか、かなり個性的なデザインのものが装着されています。

BMWのM4(F82)やM3(F80)の純正フロントバンパーのダクトデザインを取り入れることで、個性的かつスポーティーなルックスを手に入れています。

フロントグリルはLEDが内臓されているタイプのモデリスタが装着されています。

一方、サイドには社外のサイドステップとリアには社外のアンダースポイラーが装着されて、ボディーの下廻りのボリューム感が増しています。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

CRIMSON,INC.さん(@crimson_wheels)がシェアした投稿 -

ワインレッドカラーの30系ヴェルファイア後期です。

エアロはモデリスタで固め、フロントリップ部とドア下にメッキが追加されたことで、煌びやかさが増しています。

車高はほどよくローダウンされ、ホイールは渋いマットブラックカラーの社外を装着して、ボディー全体が引き締まった印象を受けます。

スポーク形状も螺旋状になっていて、カッコいいですね。

また、ブレーキキャリパーがゴールドに塗装されたことで、足元が地味になりすぎず、さりげなくアクセントが効いたルックスになっています。

 

Mr.Sさん(@umeharu2and2)がシェアした投稿 -

こちらも30系ヴェルファイア後期のカスタム仕様です。

外装はおそらくノーエアロだと思いますが、後期純正のエアロスタイルがすでに迫力あるデザインなので、車高を下げるだけでも十分スタイリッシュになります。

ホイールはオーソドックスなポリッシュカラーの5本スポークタイプであるものの、ピアスボルトとステップリムを備えた、高級感のあるデザインをチョイスしています。

また、ありきたりなルックスにならぬように、ドア下にはデカールが貼られて、個性を主張しています。

 

ぷぅさん(@hiropooh0811)がシェアした投稿 -

ボディー下のシルバーカラーがアクセントとして効いている、30系ヴェルファイアです。

フロントは社外のフルバンパータイプのエアロと社外のグリルへと変更され、サイドとリアは社外のアンダースポイラーが装着され、純正とは大きく異なる印象に変わっています。

さらに個性的なのは、エアロの下廻りとグリルの中央部をシルバーに塗り分けることで、単調なルックスのボディーにならないよう、工夫が施されています。

ホイールはエッジの効いた直線的なスポークデザインが特徴で、攻撃的なフロントバンパーのデザインのイメージにもよく似合っていると思います。

 

アズさん(@blesstyle.az)がシェアした投稿 -

ホワイトカラーの30系ヴェルファイア後期です。

純正のエアロスタイルの外装をベースにしつつも、社外のエアロパーツが組み合わされたことで、さらに迫力が増されたルックスになっています。

具体的には、フロントアンダースポイラー、フロントバンパー側面のダクト、サイドステップ、ボンネットスポイラーが追加されています。

また、よく見ると、フロントバンパーの左右ダクト開口部の上段に、片側5連のLEDライトが追加されています。

 

koicel7777さん(@koicel7777)がシェアした投稿 -

マットグレーにカラー変更された30系ヴェルファイア後期です。

最新の車の、しかも後期型を大胆にも外装色を変えてしまうのは勇気がいると思うので、この車のオーナーの気合には脱帽ですね。

エアロは社外のアンダースポイラーとサイドアンダースポイラーが装着されている他、リアドア下にサイドカナードが追加されていて、個性的なルックスとなっています。

ホイールも細いスポークをブロンズとブラックに塗り分けた、凝ったデザインのタイプをチョイスし、さらにタイヤのレタリングをホワイト化することで、ボディーの迫力に負けないくらい存在感のある足元に仕上げています。

 

k kさん(@koya_vell)がシェアした投稿 -

ブラックカラーの30系ヴェルファイア前期です。

純正のエアロスタイルをベースに、社外のフロントアンダースポイラー、サイドアンダースポイラー、リアアンダースポイラーを追加してイメージチェンジを図っています。

また、ヘッドライトとフロントウインカーレンズの端にオレンジのライトフィルムを貼ったことで、意外にもインパクトの強いアクセントになっています。

一方で足元もスポーティーに仕上げられていて、ガンメタカラーの5本スポークホイールに赤いブレーキキャリパーが組み合わされています。

 

Stucklowmediaさん(@stucklow)がシェアした投稿 -

着地状態にまでローダウンされている30系ヴェルファイア前期です。

外装は、純正のエアロスタイルをベースに、モデリスタのエアロとフロントグリルを装着してドレスアップしています。

ホイールは社外のディッシュ系を履かせていますが、サイズが19インチのせいか、少し小さく感じてしまいます。

このままでも十分カッコイイですが、ドレスアップカーとして進化するのであれば、ホイールを20インチまで拡大した方が良いと思います。

 

#sidoarjomodifさん(@sidoarjomodif)がシェアした投稿 -

ど派手なゴールドメッキカラーの30系ヴェルファイです。

オールペイントではなく、ラッピングフィルムによるカラー変更だと思いますが、強烈なインパクトを放っていますね。

もちろん、カラーリングだけでなく、社外パーツにもコストがかけられています。

フロントバンパーは社外のフルバンパータイプにアンダースポイラーを組み合わせ、サイドとリアにもアンダースポイラーを追加することでボリューム感のあるエクステリアに仕上げています。

ホイールはあえてマットブラックカラーで足元を渋くまとめ、社外のエアサスで車高を着地状態までローダウンすることで、圧倒的な存在感を醸し出しています。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。