「中古車を安く買うために値引き交渉したいんだけど、最大でどれくらい値引きしてもらえる?」

「中古車の値引き相場っていくらぐらい?そもそも値引きできるの?」

新車を買うときには数十万円の値引きをしてもらえることもめずらしくありませんが、中古車の場合はそうもいきません。

値引きしてもらえたとしても、その額は総価格から見ると微々たるものです。

では、中古車の値引き相場はいくらぐらいなのか、最大限界でいくらまで値引きしてもらえるのかもふくめて解説します。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

中古車は諸費用からなら値引き可能

見積もり

そもそも中古車は値引きできるのか? ということですが、中古車でも値引きは可能です。なぜなら、かからなくてもいい費用も中古車の総価格にふくまれているからです。

中古車を購入するときには、車両価格のほかに諸費用がいろいろとかかります。諸費用には大きくわけて以下の2つのタイプがあります。

  • 国で金額が決められているもの(税金・自賠責保険料・法定費用)
  • 販売店が自由に金額を決めていいもの(代行費用・納車費用)

国で金額が決められているものは値引き不可能ですが、販売店が自由に金額を決めていいものは交渉次第で値引きしてもらえる可能性があります。

逆にいえば、中古車が値引きしてもらえる可能性があるのはこのような諸費用の一部だけで、車両価格からの値引きはできないと思ってください。

中古車の諸費用から値引きできるのは20,000円前後

「車両価格からの値引きはできない」というのは実際の私の体験談です。

私はディーラー系販売店で中古車を購入しましたが、見積もりを出してもらったときにこう言われました。

中古車なので、お値引きはできないんです。申し訳ございません

当時は初めての車購入で知識もなく、値引き交渉術なんてもってのほか。できないと言われたらそれ以上つっこまず、出された見積書の金額をそのままはらいました。

車両価格からは無理でも、諸費用からの値引きだったら交渉の余地があったのかな、と今では思っています。

私がはらった代行費用・納車費用は以下の金額です。

  • 検査登録手続き代行費用(18,792円)
  • 車庫証明手続き代行費用(15,552円)
  • 納車費用(8,640円)

まず車庫証明手続きは自分でやっていれば代行費用0円で済んだので、総価格から少なくとも15,552円は値引きしてもらう余地がありました。

納車費用は自分で店まで取りに行ったにもかかわらず8,640円かかっています。販売店によっては取りに行けばかからない費用なので、交渉すれば値引きしてくれた可能性があります。

検査登録手続き代行費用は自分でやれるものではないので、交渉しても値引きはしてくれなかったかもしれません。

ですが、もしそこから数千円でも値引きしてくれたとしたら、3つの費用合わせて20,000円前後値引きしてもらえたことになります。

一般的な中古車の値引きの最大限界と相場

それでは一般論として、中古車を購入する際の値引き額の最大限界額と相場はいくらなのかを解説します。

中古車の値引きの最大限界は100,000円

中古車の一般的な値引き価格は、最大限界でも100,000円程度です。これはあくまで最大限界額で、実際は20,000円でも値引きしてくれればかなり良いほうです。

中古車はそもそも値引きしてもらえる可能性のある費用が40,000円程度しかないので、100,000円も値引きできるとなると、最初の見積もりでかなりの費用を上乗せされていたことになります。

交渉の結果、中古車なのに大幅な値引きをしてくれた場合は、「得をした」というより「だまされずに済んだ」というのが正しいです。

もしくは、修復歴や水没歴をかくしていたり、走行距離メーターが改ざんされていたりと、訳ありの中古車である可能性もあるので注意してください。

なお、正しいやり方で値引き交渉をすればもう少し値引きできます。

このやり方を知っているだけで数十万円は違います。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

中古車の値引きの相場は10,000~20,000円程度

販売店側としては税金や法定費用で利益がでることはなく、車両価格と代行費用で儲けようとするので、多少値引きするとしてもさすがに代行費用を0円にしてしまうわけにはいきません。

良心的な販売店は最初の見積もりの時点でそこまで高い代行費用を取っておらず、そうなると値引きできる額は少なくなります。

また、新車とちがって中古車はまったくおなじ車は存在せず、

おなじ車をほかの店ではもっと値引きしてくれましたよ

という交渉もできないので、やはり車両価格からの値引きは期待できません。

中古車の値引き金額の相場・目安は、だいたい10,000円~20,000円程度と思ってください。

ここまで書いてきましたが、中古車の値引き額にはあまり期待しないほうがいいです。表示されている総価格と車の状態を見て、納得がいく場合だけ買うようにしましょう。

この記事を読んだことで、後悔しない中古車を買える手助けになれれば幸いです。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

パワーボム
パワーボム
元パチスロライター。車とゲームとプロレス観戦(ノアファン)が大好き。21歳で免許を取ってから、車を乗り尽くす。家から700km、四国のなかを1400km移動し、また700kmの距離を帰るツアーで、四国八十八ヶ所巡りを車で成し遂げる。