1分で車を60万円値引きする裏技

【画像】レクサスLS460のカスタム例まとめ!改造・ドレスアップする方必見!


このLS460は、大口径ホイールが際立つシンプルなカスタムが施された1台です。

ホイールはアメリカ製鍛造ホイールのトップブランドRSV FORGEDという高級ホイールで、LS460に相応しい迫力とデザインが魅力的です。

フロントフェンダーをワイドなものに換装し、スポーティーさを演出、トランク上部のスポイラーは小さいながらも、リアセクションをより一層引き締める効果を生み出しています。

シンプルながら存在感を見せつけるカスタムのお手本ではないでしょうか。

 


キャンディレッドにリペイントされ、細部に渡りワンオフによるオリジナルのボディメイクが施され、エアサスの装着により魅せることに特化した1台です。

ボンネット上部のフィン状のダクトがレーシングカーのように配置され迫力と機能を両立させています。

フロントバンパーからフェンダーへの繋がりの造形は、よりグラマラスに魅せる作りとなっています。

また、シートや内装をオリジナルのものに張り替え、外装との統一感を生み出しています。

 


こちらのLS460は、あまり見かけないボディカラーを選ばれていますが、オシャレな雰囲気を出しています。

エンジンルーム内を除くと、ボディカスタムだけではなく、しっかり手が入っているのがわかります。

前置きインタークーラーを設置したことで、出力アップしたことを印象付け、置き換えた社外品のインテークパイプによりレスポンスアップされていそうです。きっと、走らせても楽しい車に仕上がっていることでしょう。

 


日本では珍しいカスタムが施された1台です。アメリカ東海岸マイアミが発祥とされているドレスアップ手法で、普通のセダンなどに大径ホイールを装着する『マイアミスタイル』。

まず、目を惹くのが異様なまでに大きなホイール。もはや何インチかわかりませんが、このようなサイズが履けることに驚きを隠せません。

そして、深みのあるキャンディオレンジのボディカラーがホイールに負けない存在感を放っています。人と違うカスタムを目指すアナタにおすすめです。

 


こちらのLS460は、街道レーサーのN2フェンダーのようなワイドフェンダー仕様となっています。AIMGAIM製の純vip GTキットを纏い、ワイド&ローな迫力ある仕上がりを見せています。

スピンドルグリルを活かしたバンパーデザインで、純正風な装いを残しながら、開口部の造形に拘り、純正にはない力強さが引き出されています。

そのボディの足元を際立させているのが、OZレーシングホイールのフッツーラです。この深リム具合いが、ボディをよりワイドに見せています。

 

@premiertire L E X O N L E X ∣ #22inch Lexani wheels on this #Lexus ∣ #Lexani #Lexaniwheels #LS #LS460

@jr_premiertireがシェアした投稿 –


足元をアメリカ最大のラグジュアリーホイールブランドLexan(レグザーニ)の22インチBAVARIAというホイールでバッチリ決めたLS460。

社外エアロを一切装着せずに、純正のボディラインを活かしたカスタムが施され、派手さこそ無いものの威圧感を感じさせる雰囲気に、これぞ王道のUSDMと言える仕上がりになっています。

差し色の赤いブレーキキャリパーが漆黒のボディの妖艶さをさらに引き立てるポイントとなっています。カッコイイ1台です。

 

間も無く売り出し開始… #NizoLow #japanesevipcar #ppexclusive #airsus #lexus #ls460l

Nizo-Low 岡崎さん(@nizolow)がシェアした投稿 –


胴体着陸した航空機のような佇まいで、他を圧倒する車高の低さを実現した、カスタムショップNizo-Lowが送り出すLS460。エアサス装着した人が憧れるエアサス着地。

ただエアサスを装着するだけでは着地不可能なカスタムに知識と技術が詰め込まれた1台です。

その足元に履かせられているのがPP社製のエクスクルーシブと言うホイール。ピアスボルトが6本もある豪華仕様。21インチを飲み込むボディメイクは圧巻の一言。

 


こちらのLS460。どういったカスタムかわかりますか?

一見何気ない上位グレードの3連LEDプロジェクターライトを流用しWALD製グリルへと換装して、人とは違うことを追いかけるカスタムカーに相応しく拘り抜かれた1台なのです。

オシャレな車高短具合いで、Carlsson製ホイールを履きこなし、ドライブから冠婚葬祭までオシャレにサラッと乗れる仕様ではないでしょうか。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記のたった1分で車を60万円値引きできる裏技のページをご覧ください。

裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

 

前後超鬼キャン仕様。超絶車高短具合いはLS460のカスタムのなかでも異彩を放つ1台。

この車高とキャンバーで走行を可能にするには社外アームがフル装着されていることは間違いないでしょう。

燃料・ブレーキのホースを室内へ移設、そしてフロントとリアのメンバーを短縮加工が施す車両も存在します。

こちらの車両はわかりませんが、この低さで走行が可能となっていることに度肝をぬかれ、車高の低さへの執念を感じさせられます。

 


リアセクションの造形が目を惹くLS460。

トランク上部のスポイラーを単体で見るとLS460には似つかないカクカクとしたデザインですが、エッジの効いたデザインのバンパーによってスポーティーな演出を引き出すアイテムとなっています。

バンパーをディフューザー形状にすることで、空力にも配慮されているようで、走りも意識していることが伺えます。

リアセクションで一際目立つのが縦デュアルのマフラーです。このマフラー専用のリアバンパーと相まって、他のLS460には無い迫力を手に入れています。

 

Aimgain LS460 with their wide body over fender kit own by @kproduce_japan . #celsiorcult #ls460 #celsior

All Gen LS/Celsior Clubさん(@celsior_cult)がシェアした投稿 –


こちらのLS460は、先程紹介したLS460と同じく。AIMGAIM製の純vip GTキットを フルキットで装着しています。ボディの色、履かせるホイールの違いによって与える印象がここまで違うのかと感じます。

懐かしい街道レーサー仕様のようなヤンチャ感を出しつつ、ホイールの高級感によって欧州車のようなエレガントな雰囲気も感じる1台となっています。

この車高の低さはエアサス装着だと思いますが、エアサスの醍醐味である着地を実現しているあたり、エアロ装着だけではない凄みが感じられます。

 

#LS460 love at #sema2017

ChrisFowlerさん(@northwestc10s)がシェアした投稿 –


足元を決めるワークホイール製ZESTの色使いが色っぽい車を演出しています。

太いスポークデザインとコンケーブが深リムホイールにありがちな、小さく見える現象を抑え、大口径ホイールの迫力を引き出しています。

ボンネットのアウトレットダクトがレーシングカーを彷彿させ、ラグジュアリーなLS460を一気にスポーティーな印象へと変えています。

AirREX製のエアサスを装着し、スポーティーな印象だけでなく、魅せることにも拘りぬいた1台となっています。

 


前後ワンオフのオーバーフェンダーを装着し迫力を増した1台。

ボディサイドへのアクセントとしてダクトを配置し、リアドアにダクトを配置することで、さらにワイド感を増しています。ルーフをブラックに塗装し、車高の低さを強調されています。

重厚感溢れワイドボディの立体感を、より強調することに外せないのがステップリムを採用したホイールです。

ホイール奥から存在感をアピールする大型ブレーキキャリパーが走りも意識したカスタムであると主張しているようです。

赤×黒の塗り分けは王道とも呼べる塗り分けですがバランス良く塗り分けられ、立体感を感じさせることに一役かっています。

 

まず目を惹くのが大口径の深リムホイールではないでしょうか。22インチのホイールをホイールアーチに収めるには、どれだけの加工が必要なのか?

前後に純正プレスラインを強調したようなブリスターフェンダーを装着し、さりげなくワイドボディであると主張し、ルーフをブラックに塗装することで、低く見せています。

ドアノブとサイドラインのメッキやドアミラーをブラックで塗装することで、締まり効果が生まれています。

迫力ある大口径ホイールと、ブラックのアクセントがバランス良く配置されるLS460です。

 


こちらのLS460は、極端な車高ダウンや派手な社外品のエアロを装着することなく優雅な印象を与えるカスタムがされています。

下がり具合いから見て、車高調が装着されていそうです。きっと乗り心地にも配慮され、ロールセンターアジャスターなどのアライメント補整部品も装着されていることでしょう。

アメリカ製高級鍛造ホイールADV.1のADV5をホイールアーチ内に収まるのか治らないのか…というギリギリサイズを装着し、車体全体の存在感を引き出されています。

この車にはエレガントという言葉が相応しい仕上がりになっています。