shouichiさん(@sho.ya5)がシェアした投稿 -

シンプルカスタム仕様のエクシーガです。

外装はノーマルかと思いきや、よく見るとリアハーフスポイラーが装着され、さりげなくドレスアップされています。

ホイールは19インチくらいあるでしょうか?意外に大きいサイズが装着されていて、背の高いエクシーガのボディーの存在感にも負けていません。

スポークデザインもブラックカラーかつピアスボルトを備えたツインスポークタイプで、スポーティーな印象を与えています。

決して派手な仕様ではありませんが、バンランスの取れたルックスに仕上げられています。

 

Naohisa Inadaさん(@naohisainada)がシェアした投稿 -

スポーティーにまとめられたエクシーガのカスタム仕様です。

エクステリアにはSTIのフロントアンダースポイラーとサイドアンダースポイラーを装着し、さらにリアには純正オプションのリアバンパースカートを追加して、純正プラスアルファのドレスアップが施されています。

また、フロントグリルはブラック塗装され、ノーマルとの差別化を図っています。

ホイールはメッキのCR kaiで、いかにもJDM系スポーツカーといった雰囲気を醸し出しています。

 

baron perkasaさん(@ayoenperkasa)がシェアした投稿 -

ダークブルーカラーのエクシーガです。

カスタム内容は極めてシンプルで、ホイール交換と車高のローダウンのみとなっています。

足元には重量の軽そうな社外のスポーツ系のホイールがセットされ、スポークがコンケーブ形状ということもあり、存在感があります。

また、タイヤもレタリングがホワイト化されていることにより、ホイールのスポーティーな雰囲気がより一層引き立てられています。

車高は若干ですがローダウンされていて、スタイリッシュになっています。

 

PONさん(@yuuki.exiga)がシェアした投稿 -

痛車仕様のエクシーガです。

サファイアブルーのボディーに、アニメ系少女キャラクターのデカールを大胆にもボディー側面とボンネットに貼り付け、周囲にアピールしています。

リアには純正オプションのバンパースカートと、白く塗り分けられた社外のルーフスポイラーが組み合わされ、後ろ廻りの迫力が増しています。

一方、ホイールはマイスター S1のようなシルバーカラーの5本スポークタイプをセレクトしています。

オーソドックスなスポークデザインですが、車のスポーティーさを向上させるには十分なアイテムと言えます。

 

Jesse Vehkamaaさん(@jessevehkamaa)がシェアした投稿 -

こちらもサファイアブルーのエクシーガです。

外装にはSTIのフロントリップと純正オプションのリアバンパースカートが装着され、さりげなくイメージチェンジされています。

また、よく見るとフロントバンパー開口部にLEDのオフロードランプが追加されていたり、ヘッドライトに薄いスモークフィルムが貼られていたりと、個性的なルックスとなっています。

ホイールはユニークなデザインで、スポークがシルバーカラーで縁取られ、ブラックカラーのインナーリムの恩恵もあり、スポークデザインが際立って見えています。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

Subaru Style jpさん(@subaru_style_jp)がシェアした投稿 -

細かいところに手が加えられた、マニア好みの仕様のエクシーガです。

外装はSTIのフロントアンダースポイラーとサイドアンダースポイラーが装着され、下廻りをさりげなくドレスアップ。

フロントグリルはノーマルをベースにしつつも、STIのエンブレムを追加することで、まるでSTI純正のグリルであるかのように演出しています。

また、純正で設けられているフロントリップ左右のダクトにLEDデイライトが埋め込まれていたり、ボディー側面にデコラインが貼られていたりと、純正のスタイルを崩さず、上手くパーツが追加されています。

 

tw200e_a_go_go!さん(@tw200e_a_go_go)がシェアした投稿 -

こちらもさりげないカスタムが施されたエクシーガです。

フロントバンパーのリップダクト部にLEDデイライトを埋め込んでいる他、バンパー側面にダクトを追加して、迫力を増しています。

また、ボディー側面に赤いデコラインが貼られ、さらにドアミラーカバーがブラックに塗装されていたりと、細かいところにもカスタムが施されています。

ホイールは18インチクラスのツインスポークタイプで、派手さよりも機能面を重視したような、スポーティーなルックスのものがセレクトされています。

ゴールドカラーのブレーキキャリパーも足元を彩っていますね。

 

スタンス仕様にカスタムされたエクシーガです。

ホイールは前後共にネガティブキャンバーが効かされ、ツイライチ状態でフェンダー内に収まっています。

ディスクデザインもかなり個性的で、コンケーブ形状になっているだけでなく、四角いダクトが無数に設けられたユニークなデザインが採用されています。

また、リアはディフューザーと一体式の純正オプションのリアバンパースカート(スポーツ)が取り付けられています。

よく見ると、リアのバンパーリフレクターがクリアタイプへと交換されていて、さりげなくノーマルと違いをアピールしています。

 

ASCO MOTORSPORTさん(@ascomotorsport)がシェアした投稿 -

こちらもマニア好みの仕様にカスタムされたエクシーガです。

フロントはSTIのアンダースポイラーが装着され、グリルは純正をブラック化し、さらにSTIのオーナメントを追加してSTIバージョンのようなルックスを演出しています。

また、ルーフがブラック化されたことにより、スポーティーな雰囲気となっているだけでなく、メリハリのついた外装となっています。

一方、ホイールはOZのようなスポークデザインで、ゴールドカラーがセレクトされていることにより、STIのようなスタイリッシュな外観となっています。

 

baron perkasaさん(@ayoenperkasa)がシェアした投稿 -

WRブルーマイカのようなカラーリングに変更されたエクシーガの登場です。

オールペイントなのかラッピングフィルムによる色変更なのか定かではありませんが、ボディーがツヤびけしてしまっているのが気になります。

また、車全体を見渡すと、この車がブルーとブラックの2色を使い分けてドレスアップされていることがわかります。

フロントは社外のアンダースポイラーと純正リップ中央先端部を黒に塗り分け、さらにフォグランプカバー、グリル、ボンネット、ルーフ、ドアミラーカバーをブラック化してメリハリをつけています。

ホイールも社外のブラックカラーのタイプをセレクトすることで、引き締まった印象を与えています。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。