フィールダー ハイブリッドのカスタム仕様です。

エアロは社外のハーフスポイラーと純正のサイドステップとリアアンダースポイラーの組み合わせです。

特徴的なのはフロントバンパーで、後期型の純正バンパー風にダクト開口部からナンバープレートにかけて黒く塗り分けています。

社外のフロントグリルとあいまって、オリジナリティーを感じるフロントマスクに仕上げられています。

ホイールは17インチクラスのブラックスポークとブルーリムが組み合わされた社外に交換されています。

 

ホワイトカラーのフィールダー ハイブリッド前期です。

純正エアロを装着して、さりげなくボディーの下廻りにアクセントを追加しています。

グリルはブラックカラーのエンブレムレスに変更することで、精悍な顔つきに変化させています。

ホイールも、ボディーカラーとは対照的なブラックカラーをチョイスすることで、車全体が引き締まった印象になっています。

スポークデザインもスポーティーな細いタイプで、カッコイイと思います。

しかし、車高がノーマルのせいで、タイヤとフェンダーの隙間が大きくあいてしまっているので、早急にローダウンしてほしいですね。

 

H!rotoさん(@1610.photo)がシェアした投稿 -

爽やかなブルーカラーのフィールダー ハイブリッドです。

この車も小振りな純正エアロを付けてはいますが、基本的には外装はノーマルです。

しかし、車高はタイヤがぎりぎりフェンダーに被さるか否かのレベルまでキッチリとローダウンされ、17インチのアメリカンレーシングのようなメッキの5本スポークタイプがセットされています。

全体的に見ると、アメリカンな要素は全く感じない仕様なので、このホイールのチョイスは少し意外に思えますが、違和感はありません。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

Kawai_hirotoさん(@hikawaiwai)がシェアした投稿 -

こちらはフィールダー ハイブリッド後期です。

後期純正のフロントバンパー下には、社外のアンダースポイラーが組み合わされ、さらにフロントグリルも社外品へと交換され、さりげなく化粧直しが施されています。

サイドステップとアンダースポイラーは純正エアロをそのまま使用しています。

ホイールも純正ですが、ブラック塗装することで、社外に交換したかのような雰囲気が演出されています。

純正プラスアルファという感覚でカスタムされた仕様のせいか、車高がノーマルのままですが、ダウンサスでも良いので、車高をもう少し落としてほしいですね。

 

ブラックカラーのフィールダー ハイブリッド前期です。

メッキパーツが追加されて、煌びやかな印象が高められている仕様です。

事実、社外のフロントハーフスポイラーには中央部にメッキパネルが装着されていたり、ドア下側面にメッキモールが貼り付けられていたり、そしてホイールもメッキカラーのタイプ履かせられています。

よく見ると、社外のブラックグリルもメッキパネルが備わっています。

また、車高は少しローダウンされているように見えます。

結果的に、派手な印象は受けないものの、スタイリッシュにカスタムされていると思います。

 

こちらもフィールダー ハイブリッドの前期です。

外装は純正のハーフエアロをまとい、シンプルにドレスアップしています。

車高はローダウンされているのか、タイヤとフェンダーの隙間はあまり気になりません。

ホイールは社外のツインスポークタイプで、ディスク表面がシルバー、スポーク側面がブラックに塗り分けられた今時のデザインで、スポークデザインが引き立って見えています。

しかし、このままではインパクトに欠けるので、デコラインを入れるか、メッキパーツを追加するなどして、アクセントを追加してほしいです。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。