Hideki.Sさん(@jetsundx)がシェアした投稿 -

230セドリックのワゴンです。

イイ感じに年季の入ったエクステリアです。

ホイールはエンケイのディッシュでしょうか?クラシカルなスポークデザインが車両の雰囲気にマッチしています。

車高は少しローダウンされているように見えます。

また、ルーフ後方に設置されたキャリアが、今時のTHULEなどのオシャレ系ルーフキャリアとは異なり、当時物の業務用という感じが、逆に新鮮で面白いです。

純正バンパーがメッキであることから、アメ車の影響を強く受けていた時代だと思うので、アメリカンな要素を取り入れたカスタムがこの車には似合うのかもしれません。

 

 

セドリックワゴン430カスタム

こちらは430のセドリックワゴンです。

少し黄色味が入って見える、クラシカルなホワイトのエクステリアカラーです。

車高はかなり低くローダウンされ、SSR マーク1のようなディッシュ系デザインのホイールを装着しています。

430のハードトップやセダン、あるいは230や330の世代においても、セドリックはハブボルトが5本のため、5穴ホイールをセレクトしなくてはいけないというハードルがあります。15インチや14インチクラスの小径で5穴の旧車ホイールを探すのはかなり大変なので、ホイール選びは、古いセドリックのカスタムにおいて特に重要なポイントになってきます。

 

こちらもホワイトカラーの430ワゴンです。

ほぼノーマルのエクステリアですが、センターがメッキになっているスチールホイールとホワイトリボンタイヤが、車全体をアメリカンな雰囲気へと変えています。

また、フェンダーミラーがキャンセルされ、オシャレな丸いメッキタイプのミラーがドアに装着されています。

車高はエアサスで下げているのでしょうか?フロントタイヤがハンドルを切れないくらいにフェンダーに被せられてしまっています。

 

michikoさん(@michikochaen)がシェアした投稿 -

渋いグレーカラーの430ワゴンです。

フロントリップスポイラーを装着している以外は、基本的にエアロレスのシンプル車高短仕様です。

ローダウンされた車高に組み合わされるホイールは、SSR フォーミュラメッシュで、社外の赤いホイールキャップを組み合わせてスポーティーな見た目へと仕上げています。

リアガラスにブルーフィルムを貼ることで、旧車独特の雰囲気が強調されています。

フェンダーミラーは定番のS30Z用のメッキタイプへと交換されています。

 

shingoさん(@shin5_9747)がシェアした投稿 -

アメリカンな雰囲気が漂うY30ワゴンです。

ボディーカラーはブラウンを基調として、ルーフとピラーをベージュに塗り分け、さらにドア側面とサイドステップ部にメッキパネルを貼りつけて個性的なルックスへと仕上げています。

ホイールはブラックのスチールホイールで、リアタイヤのみレタリングがホワイトに塗られています。

また、よく見るとフロントのコーナーレンズがオレンジ色に塗装されているなど、徹底的にアメリカンを追求しています。

 

Mahi Ogaさん(@viragon.wgn)がシェアした投稿 -

フェンダーミラー仕様のY30ワゴンです。

この車のエクステリアカラーもブラウンですが、比較的明るい色調ではあります。

さりげないですが、フロントバンパーには小型のリップスポイラーが追加されています。

車高も若干ではありますが、ローダウンされています。

ホイールは、これもアメリカンレーシングにも見えるブラックのスチールタイプがセレクトされています。

また、ムーンアイズのステッカーもこの車のルックスによく似合っていると思います。

 

Takahiro Uenoさん(@weapon0112)がシェアした投稿 -

ホットロッド的な前傾姿勢となっているY30ワゴンです。

ボディー側面のウッドパネルがいい味だしています。

足元にはマグナムホイールとホワイトリボンタイヤが組み合わされて、いかにもアメリカンといった雰囲気になっています。

リアにはルーフキャリアが追加されて、ウッドパネルとあいまって、キャンプなどのアウトドアシーンにも似合いそうなカスタム仕様に仕上がっています。

よく見ると、リアガラスには薄いグリーンのフィルムが貼り付けられていて、ノーマルとの差別化を図っています。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

GO!GO!GO!さん(@g_d_u.30)がシェアした投稿 -

ブラックカラーとウッドパネルを組み合わせたエクステリアのY30ワゴンです。

ドアノブ、ウインドウ枠、フェンダーアーチモール、ドアミラーなどのメッキパーツに合わせて、ホイールもアメリカンレーシングのメッキカラーをチョイスしています。

車高はさりげないレベルでローダウンされています。

また、サイドステップ部にもメッキパネルが装着されています。

こうして見ると、メッキパーツがかなり多用された車であることがわかりますが、それでもあまりギラついて見えないのは、ウッドパネルの存在感が大きいからかもしれません。

 

シルバーとガンメタのツートンカラーのY30ワゴンです。

ホイールはメッキのワイヤーホイールです。クラシカルなデザインのY30によく似合っていると思います。

車高もローダウンされていますね。

あえてなのか、マッドガードが前後共に装着されているのが、他のY30ワゴンのカスタムカーと異なって個性的だと思います。

しかし、現状だと少しもの足りなさを感じるので、リップスポイラーを追加するなり、ホワイトリボンタイヤを組み合わせるなど、もう一つアイテムがほしいところです。

 

powerd by Poohさん(@katsuo_takanashi)がシェアした投稿 -

シンプル系のカスタム仕様のY30ワゴンです。

一番の特徴はホイールで、15インチのハヤシストリートを装着しています。

アメリカンなカスタム手法が多様される車種でありながら、あえて和風なホイールセレクトが行われているのが面白いです。もちろん、ちゃんと車のデザインにも似合っているので、良いセレクトであると思います。

車高は少量ではありますが、ローダウンされています。極端なローダウンが目的ではなくても、タイヤとフェンダーの隙間を詰めるというのは、車の見栄えに大きく影響するので、例え少量のダウン量であったとしても、侮れません。

 

そーちゃんさん(@sochiyan3584)がシェアした投稿 -

シャンパン系のカラーリングが特徴的なY30ワゴンです。

他のY30ワゴンのカスタムカーはウッドパネルが装着されていたり、ツートンカラーだったりと、外装が賑やかな印象が強いですが、この車はシンプルなモノトーンカラーなので、逆に新鮮に感じます。

ホイールはエンケイのバハで、ホワイトリボンタイヤを組み合わせています。

また、コーナーレンズとフロントのウインカーレンズがクリアタイプへと交換され、フロントフェイスをさりげなくすっきりとした印象へ変えている点も見逃せません。

 

Takahiro Uenoさん(@weapon0112)がシェアした投稿 -

小物パーツが盛りだくさんのY30ワゴンです。

マグナムホイール、ホワイトリボンタイヤ、ボディー側面のウッドパネルなど、完全にアメリカを意識したカスタムが施されています。

フロントバンパーのリップ部に貼ってあるステッカーのおかげで、スタンス的な雰囲気も出ています。

さらにルーフにはTHULEのキャリアが追加され、その上には実際にBMXが積載されているなど、遊び心満載のカスタム仕様となっています。

また、ルームミラーから吊り下げられた赤いシューズのマスコットがいい味を出していますね。

 

norifumi4830さん(@norihumi4830)がシェアした投稿 -

ちょっと珍しいカラーリングのY30ワゴンです。

赤味の入ったシルバー系のボディーカラーに、ピラーとルーフをあずき色に塗り分けた、独特のツートンカラーです。

ホイールはSSRのフォーミュラメッシュをセレクト。

よく見ると、フロントバンパーとリアバンパーがシルバーに塗装されていたり、メッキパネルがドア側面に装着されていたりと、他のY30ワゴンとはかなり異なるルックスに仕上げられています。

また、フロントコーナーレンズのクリア部分がスモーク化されています。

 

キャデラックさん(@kadillac1977)がシェアした投稿 -

夕日をバックにたたずむ姿が印象的なY30ワゴンです。

ボディーは抹茶グリーンとも呼べるグリーンカラーにオールペイントされています。

ホイールはAHPのディッシュ系で、ホワイトリボンタイヤを組み合わせて足元を彩っています。

個性的なルックスになってはいるものの、カスタム内容はかなりシンプルになっています。

しかし、Y30ワゴンはノーマルの状態から独特の世界観を持った車ですので、他のカスタムカーのようにハードにカスタムをしなくても、十分満足できる車種だと思います。

 

大掛かりなボディーモディファイが施工されたY30ワゴンです。

なんと、5ドアから3ドアへとボディースタイルが変更されているのです。

しかも、ただ単にリアドアをスムージングして潰しただけでなく、フロントのドアをロング化し、Bピラーも後方へ移設するという、とんでもない改造が、しかもさりげなく行われています!

そんな強烈なボディーはダークブルーカラーにペイントされ、ボディー側面にはウッドパネルが貼り付けられています。

社外のエアサスにて、車高はボディーが地面に着地しそうなくらいまでローダウンされています。

 

matsu-kenさん(@mazken5150)がシェアした投稿 -

パッと見、430ワゴンに見えてしまうY30ワゴンです。

ヘッドライトが角目2灯式から角目4灯式へと変更されているのが、430に見えてしまう最大の要因だと思います。

また、Y30では珍しい、スカイブルーカラーへとボディーがオールペイントされています。

メッキのセンターキャップが組み合わされた白いスチールホイールとホワイトリボンタイヤが、スカイブルーのエクステリアカラーとあいまって、爽やかな雰囲気を解き放っています。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。