86 Squad™さん(@86squad)がシェアした投稿 -

足元がブルーカラーで彩られた、爽やかな仕様のBRZです。

トランクにはニュルスペックウイングが装着され、リアのインパクトが増しています。

リアバンパーにはディフューザが一体式となった攻撃的なデザインのものが装着され、サイドとフロントバンパー下にもアンダースポイラーが追加され、下回りのボリューム感が増しています。

ホイールはブルーカラーのツインスポークタイプで、サイズは17インチだと思います。ホイールサイズはもう1インチ大きいサイズを履かせることもできますが、タイヤショルダーに少し肉厚がある分、フェンダーとのクリアランスに余裕がないので、、足元は現状のルックスで十分カッコイイと思います。

 

GT86GANGさん(@gt86gang)がシェアした投稿 -

真っ赤なBRZのカスタム仕様です。

装着されるボディーキットはロケットバニーで、大きく左右に張り出されたビス留めオーバーフェンダーが、純正とは比べ物にならないくらい迫力あるエクステリアへと変貌しています。

またボディー下廻りには、STIのフロントリップスポイラーとサイドアンダースポイラーに、さらに社外のアンダースポイラーを組み合わせるという、2段構えのエアロになっており、個性的なルックスを手に入れています。

ホイールも極太サイズがセットされていて、赤いスポークタイプを選ぶことで、ボディーとの統一感を高めています。

 

86 Brotherhoodさん(@86brotherhood)がシェアした投稿 -

BRZ本来のスタイルをキープしつつカスタムされた仕様です。

極薄の社外のフロントアンダースポイラーとサイドアンダースポイラーを装着して、さりげなくドレスアップをしつつ、リアには大型のGTウイングが設置されています。

程よくローダウンされた車高には、5本スポークのガンメタカラーのホイールが、赤い社外のホイールナットと組み合わされてセットされています。

ドレスアップ仕様というよりかは、走り屋的なルックスに仕上げられた印象がありますが、十分スタイリッシュに仕上がっていると思います。

 

ツヤ消しのグレーカラーへと色変更されたBRZです。

社外のオーバーフェンダーでワイド化されたボディーには、深リムのブロンズカラーのホイールがセットされています。

しかもよく見ると、前後異径サイズがセレクトされ、フロントのホイールに対して、リアのホイールが異常に大きく見えます。フロントは18インチ、リアは20インチといった具合でしょうか?いずれにしても、個性的なルックスに仕上がっているのは間違いありません。

一方、トランクスポイラーは派手なボディーキットとは対照的に、TRDの小型のトランクスポイラーが装着されています。

 

Lindsey Ganttさん(@brknnkzfrs)がシェアした投稿 -

グリーンカラーへとオールペイントされたBRZの登場です。

リアクォーターパネル付近に模様が描かれたデカールが貼られ、単調な見た目のボディーにならないよう、工夫がされています。

よく見ると、社外のオーバーフェンダーが装着され、ワイドボディー化されています。

しかし、意外にもエアロはフロントのハーフスポイラーのみが装着され、サイドには何も追加されていません。

ホイールはスポークデザインが星形という個性的なものをチョイスし、さらにボディーカラーに合わせるように、グリーンのスポークカラーをチョイスすることで、他のカスタム仕様のBRZとは大きく異なる、オリジナリティー溢れるルックスに仕上がっています。

 

Zenithさん(@zenith________)がシェアした投稿 -

ガンメタカラーの車高短仕様のBRZです。

フロントはSTIのアンダースポイラーとサイドは社外のアンダースポイラーが装着され、BRZのスタイルを大きく変えることなく、さりげなくドレスアップしています。

ホイールはブラック塗装されたメッシュ系のホイールを装着して、渋い雰囲気の足元に仕上げています。

また、ヘッドライトやテールランプもスモーク化され、車全体が引き締められた印象を受けます。

しかし、ダーク系カラーで統一されているせいか、少し地味過ぎるようにも感じますね。

 

極低車高を実現している、BRZの登場です。

エアロは一切付けず、車高の低さでインパクトを追求した、シンプル車高短仕様です。

ホイールはノーマルフェンダーにぎりぎり収まる太さがチョイスされ、前後共に完璧なツライチ状態でセットされています。

スポークデザインも凝っていて、ただの5本スポークではなく、螺旋状に少し曲がった形状をしています。

また、テールランプが赤一色に塗られているのも、個性的で面白いと思います。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

@mr_dreamcarがシェアした投稿 -

車高短、鬼キャン、ツライチの3拍子が揃ったBRZの登場です。

どう見ても地面に当たっているようにしか見えない、STIのフロントリップスポイラーとサイドステップが、車高の低さを物語っています。

この車高は社外のエアサスにて実現されています。

前後のホイールのツライチ具合と鬼キャン具合は圧巻で、カスタム車としては、ハイレベルな完成度に達していると思います。

ホイールはスポーティーさよりも、メッキでエレガントな印象を持つ、VIPカーに組み合わされるようなタイプが装着されているのが特徴です。

 

Adrian Orozcoさん(@lolfrs_)がシェアした投稿 -

ロケットバニーのボディーキットをまとった、BRZの登場です。

ワイド化されたボディーには、深リムサイズでゴールドカラーのツインスポークタイプのホイールがセットされて、車の存在感を引き立てています。

また、ロケットバニーのフロントバンパーに片側5個ずつ開けられた穴には、社外のLEDランプが埋め込まれ、独自のアレンジが加えられています。

また、リアにそびえ立つ、巨大なGTウイングもロケットバニーのタイプで、周囲に迫力あるスタイルをアピールしています。

 

Toyota GT 86さん(@toyota_gt86_squad)がシェアした投稿 -

WRブルマイカーのボディーをワイド仕様にカスタムしたBRZです。

フェンダーは前後共にロケットバニーが装着されていますが、純正のトランクスポイラー以外はエアロレスという、意外にシンプルなカスタム内容となっています。

ホイールはブロンズカラーのツインスポークタイプが装着されています。

青いボディーカラーとの色の組み合わせも良く、極太サイズということもあり、エアロレスの外観ながら、インパクトは十分あります。

また、テールランプは社外のファイバーテールへと交換されています。

 

TJ Oleskeさん(@boosted_wheels)がシェアした投稿 -

黄色と黒のド派手な印象のBRZです。

装着されるボディーキットは、お馴染みの橋本コーポレーションからリリースされている、パンデム(商品名は86 V3 ワイドボディーキット)です。

ロケットバニーのボディーキットよりもさらに過激さを増したデザインが採用されており、特にフロントバンパー側面の巨大なカナードは、圧倒的な存在感があります。

ホイールはオーバーフェンダーの恩恵により、極太サイズが履かされています。

これだけ派手な外装ながら、リアはウイングレスという、少し意外なルックスとなっています。

 

Project Hestiaさん(@hestia_86)がシェアした投稿 -

痛車仕様に仕上げられたBRZです。

痛車と言っても、日本のアニメ系少女とは若干異なる印象のキャラクターが描かれています。海外版の痛車と表現しても良いかもしれません。

しかも、通常、日本で見る痛車はラッピングフィルムでキャラクターを披露していますが、この車はエアブラシでキャラクターが描かれているのが特徴です。

このあたりの仕上げ方も、日本と海外で異なるのかもしれません。

もちろんペイント以外のカスタムも抜かりはなく、ワイドフェンダー、深リムホイール、アンダースポイラーなど、定番のアイテムは全て装備されています。

 

Stefanさん(@the_notorious_brz)がシェアした投稿 -

レーシーな雰囲気を取り入れた仕様のBRZです。

真っ赤なボディーにはロケットバニーのエアロとオーバーフェンダーが組み合わされ、大幅なイメージチェンジが図られています。

ホイールはスポーティーな、ブロンズカラーの6本スポークタイプで、ホワイトに塗られたタイヤのレタリングとあいまって、ボディーに負けず、インパクトのある足元に仕上げられています。

また、ボディー側面に貼られたゼッケンやスバルのデカールが、走りのイメージを掻き立てています。

 

Cam Parkerさん(@skidkid.jp)がシェアした投稿 -

マニア好みに仕上げられたBRZです。

ボディーカラーは定番のWRブルーマイカで、ノーエアロの車高短スタイルに、15インチのRSワタナベのRタイプを装着して、旧車スタイルを表現しています。

フォグランプのレンズがイエロー化され、フロントウインドウにはトップシェードが貼られるなど、エアロがない分、小物類でインパクトを稼いでいます。

BRZや86は上級グレードの場合、フロントのブレーキキャリパーの大きさの関係状、15インチホイールは履かせられないはずですので、ベースとなっている車両は、キャリパーサイズの小さい、ベースグレードだと思います。

 

Zack Brownさん(@thatlowfrs)がシェアした投稿 -

こちらもロケットバニーのボディーキットで武装されたBRZです。

ホイールは深リムサイズが履かせられていて、存在感のある足元になっています。

よく見ると、フロントバンパー開口部から社外のインタークーラーが覗いていて、チューニングカーとしてもカスタムされていそうです。

また、ボンネットにはダクトが追加されていて、どの角度から見ても、インパクトのあるルックスに仕上げています。

さらにフロントウインドウにはトップシェードが貼られている他、運転席側のAピラー内側には3連の社外メーターが設置されています。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。