ホイールはロティフォーム製のtmbを選択。

ブロンズカラーが真っ赤なボディとマッチしたコチラのAUDI A4 avntは装着率の高いairliftperformance製のエアサスを装着してタックスタイルで仕上げられています。

フロントリップはシンプルなものを選択していますが、無くてはならない程の存在感を放つ纏まり具合いがあります。

フォグランプのガーニッシュを取り外し、社外バンパーかと思わせる雰囲気があり、細かな細工が施された1台です。

 

imaekentaさん(@kenta4b7)がシェアした投稿 -

真っ黒なボディに、ゴールドディスクのホイールが際立つコチラのAUDI A4 avantが装着するホイールは、ワーク製のマイスターS1。

太いスポークと深いリムの迫力が溢れるデザインの人気は未だ健在。

ホイールの迫力に負けないボディの迫力を、大きく張り出したオーバーフェンダーで演出しています。

フロントグリルを純正とA8用をニコイチで作成されているようです。言われなければ分からない違和感のない仕上がりに驚かされます。

バンパーサイドのUS仕様マーカーがアイポイントを下げ、更に車高が低いように見えます。こだわりをもってカスタムされた1台です。

 

メッシュタイプのホイールがオールド感を演出するオールドスクールと呼ばれるカテゴリーのカスタムが施されています。

しかし、ポリッシュフィニッシュのリムを採用して、新鮮さを取り入れることを忘れないこだわりのカスタムが加えられています。

信頼性の高さ、操作性の良さから装着率の高いairliftperformance製のエアサスを装着して、かなりのローダウンを実現しています。

エクステリアはシンプルに纏まりのよい仕上がりを見せる1台です。

 

紳士的なクリーンな雰囲気を感じさせるコチラのAUDI A4 avantは、AGIO製ホイールとのタグがありましたが、詳細は不明です。

ド派手なカスタムフィニッシュが施されたホイールではありませんが、ホイールのセンターが広く取られており、スポークがトルネード形状になるなど、とても個性的で存在感のあるホイールが選択されています。

社外エアロは装着せずにノーマルのままで、シンプルカスタムの王道スタイルで魅せてくれる1台です。

 

真っ白なボディに真っ白なホイールの組み合わせは、ありそうであまり見かけない組み合わせでした。

見事なバランスで真っ白なディスクのホイールを組み合わせたコチラのAUDI A4 avantにはSSRホイール製のフォーミュラメッシュが装着されています。

そして、写真ではわかりませんがブラッシュドフィニッシュで仕上げられたリムになっているようで、高級感を演出する工夫がされています。

白×黒の組み合わせにこだわらないハイセンスな仕上がりで魅せてくれる1台です。

 

コチラのAUDI A4 avantはワイヤーが組まれたような形状のメッシュホイールを装着しています。ロティフォーム製ホイールのBLQのようです。

エアサスを装着して、これほどのローダウンを実現しているようです。

ルーフキャリアを装着して、存在感を放っていますが、重心が高くなり折角のタックスタイルですが少し車高が上がったように見えてしまいます。

アイポイントを下げる工夫を取り入れると、更に低く見えそうなので、さらなるカスタムに期待したいです。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

真っ先に目が奪われるのはルーフに搭載されたバイクではないでしょうか。過去に例を見ない程の斬新なアイデアに驚かされます。

ルーフキャリアを装着して、しっかり固定されているようです。

そしてボディのカラーリングの存在感も負けていません。スポンサーロゴを配置して、まるでレーシングカーのようなエクステリアとなっています。

装着されるホイールはTSUYA design製の宣伝効果のあること間違いナシな1台です。

 

前後にオーバーフェンダーを装着しワイルドな風貌へとカスタムされたコチラのAUDI A4 avantは、agwheels製ホイールのSR10を装着しています。

ステップリムを採用し、高級感を演出したコチラのホイールは細身のツインスポークがとてもオシャレにキマっています。

ルーフキャリアを装着して重心が上がったように感じますが、フロントグリル内部に仕込んだLEDがアイポイントを下げ、車高を低く見せています。

タイヤの魅せ方が上手くキマった1台です。

 

操作性の高さ、信頼性の高さから圧倒的な装着率を誇るairliftperformance製のエアサスを装着したコチラのAUDI A4は、前後のフェンダーをオーバーフェンダーへとカスタムし、ナンバー部分をスムージングしてスッキリしたボディにメリハリを与えています。

ワイドになったボディを活かす、とても深いリムのホイールを装着しています。

ホイールはwork製というタグがありました。品名はLanvec LD1のようです。

ディッシュタイプのディスクと深いリムがホイールの存在感を押し出しています。

 

luxury carsさん(@cars_audi8)がシェアした投稿 -

驚くほど低い車高で魅せつけてくれるコチラのAUDI A4 avantには、エアサスが装着されていると思います。

ここまで下げるためにはアームの加工やインナーフェンダーの加工は必須です。

ここまでくればメンバー部分を着陸をさせてほしいものです。

装着されるホイールはradi8 wheels製のR8CM9。

類似したデザインを見かけない程奇抜なデザインがされていて、まるで缶のプルタブのよう。

奇抜なデザインを履きこなせる仕上がりに驚かされます。

 

ド派手なメタリックグリーンにリペイントされたコチラのAUDI A4 avantにはメーカー不明ですがエアサスが装着されています。

エアサスの車高制御システムには緻密な制御が可能で信頼性の高いaccuairが選ばれています。

装着される3SDM製ホイールの008は、中心からリムに向かうにつれて間隔の狭くなるツインスポークが個性的なホイールです。

フロントのアンダーリップはバンパー中央が下方向に湾曲した珍しいデザインをしています。個性溢れる1台です。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

SSパパ
SSパパ
学生時代にスポーツカーに憧れ、モータースポーツ系の専門学校へ進学。卒業後にレースメカニックになる。レースよりカスタムの方が好きだと感じ退社。その後、国産ハイパワー4WD車を購入し、サーキットを走っていたが、更にカスタムに興味を持ち、stancenationお台場やwekfestなどのイベントにエントリーし、展示したことも。stancenation大阪の選考も通過経験もあり。