ブラックボディーにブラックホイールの定番といえば定番のスタイルのS8ですがフルサイズのセダンは黒塗りが似合いますね。

とにかくいかついです。余計は外装パーツは一切ついておらずホイールと車高調整だけで完成されたスタイルでオシャレは足元からとはよく言ったものですがまさにそれを感じさせる1台ですね。

ホイールもS8のビッグブレーキを主張できるデザインのコンケーブデザインでブラック×ブラックのスタイルの中にも軽やかなスポーティーさを感じます。

 

こちらはこの写真だけで相当なかっこよさが詰まっているホワイトのS8。

まず目に入ってくるのはシンプルながらクセのあるデザインのホイール。

これはCG-205というホイールでコンケーブホイールの火付け役となったメーカーのうちの一つであるvossenのホイールですね。

レッドのビッグキャリパーとの相性が最高です。車高も程よくロワードされ大人のカスタムといった雰囲気ですね。

グロスブラックのフロントリップも主張しすぎないアクセントになっていい味だしてます。

 

こちらはかなりの過激ローダウンされたスタイルです。定かではないですが恐らくエアサスかと思われます。

ブラックのボディにゴールド×メッキの奇抜なホイールがよく映えますね。恐らくrotiformのホイールです。

こちらもボディーパーツには手を出さず足元だけでキメたスタイル。

ベースのクルマがフルサイズでかなり迫力があるのであまりボディーパーツを追加しなくても十分ですから足元で魅せるスタイルにはぴったりですね。

迫力ある大柄はクルマのカスタムにお悩みの方はぜひ足元のカスタムから始めてみてはいかがでしょうか。

 

こちらは角度的にフロントしか確認できませんがラグジュアリーな位置づけのクルマをあえてブルーにペイントしたという意外性でチョイスしました。

普通ならブラックやホワイトが主流ですがあえて奇抜な色にすることでイメージを逆手にとったカッコよさを作り出すことができますね。

ボディーカラーもさることながらグリルもブラックアウトしさらにミラーはカーボンにすることでスポーティーなイメージを高めています。

ラグジュアリーセダンなのにスポーティーという絶妙さがカッコいい1台といえます。

 

@shingo5500gramがシェアした投稿 -

お次はハイセンスなカスタムですね。純正ホイールを流用する技でこのクルマの場合はベントレーの純正ホイールを流用していますね。

昔からそのメーカーと関連のある高級メーカーのホイールや履かせる車種より大型の車種の純正ホイールを流用する技は主流カスタムですがいかに純正ホイールを迫力あるスタイルで合わせるかというセンスの問われるカスタムです。

ボディーカラーのゴールドとも最高にマッチしていてカッコいいですね。

高級なS8がさらにラグジュアリーな雰囲気に仕上がっています。

 

こちらのA8はエアロに注目ですね。ワンオフでしょうか、まるで実在しない「RS8」がもしあったらこんな感じなのかなーと思える1台です。

サイドステップも合わせて制作しているようでとてもインパクトあるデザインですね。

ホイールは純正でしょうか、迫力あるサイズながら落ち着いたデザインでエアロがとても引き立っています。

内装の質感もさすがA8という感じでかなりオシャレで上質ですね。

ボディーが黒いのでドアを開けて内装色がこれだとかなりインパクトありそうです。

 

お次は少し古めのA8ですがカスタム手法はイマドキなスタンスっぽい雰囲気です。

ホイールはradi8でしょうか。かなり独特なデザインで今見るとすこし淡白な90年代のクルマを一気に華やかにしてくれますね。

車高もリムが被らないギリギリまでロワードしドッシリとした印象です。

手を加えているのは足元だけですがホイールチョイスと車高セッティングを工夫するだけで物足りない感じは払拭することができるよいお手本ですね。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

こちらもスタンスカスタムされた古めのA8です。古くなった輸入車は雰囲気というか味が出ますね。

深リムのメッシュデザインのホイールがクルマにとてもしっくりきていてカスタム手法こそイマドキですがナチュラルでスッキリしています。

この頃のクルマはボンネットやライトの位置が低くてローダウンがとても似合いますね。

イエローのフォグランプも年式とバッチリ合っていてとてもいい雰囲気をだしています。サンルーフのチルトアップもカッコいいですね。

 

お次は少し大人っぽいA8です。グレーのボディーカラーに合わせたのはボディーカラーより明るいシルバーのvossenのコンケーブホイール。ミラーのシルバーととてもマッチしていますね。

こちらもボディーパーツには一切手を出さず車高も程よくロワードしとてもジェントルな雰囲気ですが明らかに純正とは違った雰囲気も醸し出しています。

大人っぽい雰囲気は崩したくないけどカスタムカーの雰囲気は残したいという方にはとても参考になるカスタムといえます。

強いて言えばホイールのデザイン的に目立つブレーキに変更したくなりますね。

 

Audi__alさん(@audi.al_)がシェアした投稿 -

かなりいかつめなスタンスカスタムを施したA8ですね。

ブラックボディーにメッキの小物といういかにも高級感のある定番の色合わせですがそこに低車高を組み合わせることで少しワイルドな感じに仕上がっています。

グリルやモールのメッキとホイールのメッキの相性が良すぎてかなりのまとまりですね。

エアロをつけず純正バンパーやサイドステップでここまで低いとなるとかなりのロワード具合でしょう。

ホイールのツラ具合も最高です。フロントウィンドウのバナーからおそらくホイールはrotiformのものかと思われます。

 

HYPEPETROLさん(@hypepetrol)がシェアした投稿 -

こちらは先程のブルーのS8同様カラーワークで魅せるパターンのカスタムですがこちらはさらに激しいオレンジです。

TTの純正色に確かオレンジがあった記憶がありますがそれと同様の色でしょうか。

オレンジとブラックの組み合わせもかなりスポーティーかつしっくり来ますよね。

ホイールもグリルやミラー、ルーフと合わせてブラックに。

まるでスポーツカーのような雰囲気に仕上がっている1台といえます。後ろにつかれたら思わず道を譲りたくなりますね。

 

@audicliqueplがシェアした投稿 -

こちらは落ち着いているといえば落ち着いていますが少しヤンチャな香りも漂う絶妙なカスタムです。

ボディーパーツも追加パーツはなく足回りだけで構成されていますがホイールがかなりの逆反りデザインのため少し若々しい雰囲気も醸し出しますね。

ホイールはrohanaのホイールでしょうか。ツラ具合もかなり攻めていますしカラーもボディーのブラックとバッチリハマっています。

やはりフルサイズセダンは黒塗りがにあいます。サンルーフもチルトアップしアクセントになっていますね。

ちょい悪オヤジ的にカスタムされたA8もとてもカッコいいです。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。