やじさん(@yaji_atenza)がシェアした投稿 -

社外のハーフエアロをまとった、ホワイトカラーのアテンザセダンです。

フロントハーフスポイラーの中央リップ部分を蛍光グリーンに塗り分けているのが個性的ですね。

ホイールはブラックカラーの細いスポークにブロンズカラーのリムを組み合わせるという、少し珍しいカラーリングのものをチョイスして、他のアテンザとの差別化を図っています。

車高もローダウンされており、フェンダーとタイヤの隙間もきっちりと詰められていて、スタイリッシュな外観となっています。

 

Jun Inoさん(@fiat500_lusso)がシェアした投稿 -

爽やかなブルーリフレックスマイカをボディーカラーとするアテンザセダンです。

フロントバンパーに社外のハーフスポイラーを装着して、控え目にドレスアップしています。

車高はノーマルのまま、ホイールはシルバーカラーのメッシュタイプをセレクトし、それを社外のスカイブルーカラーのホイールナットで固定しています。決して主張しすぎない、大人しい雰囲気の足元となっています。

面白みは全く感じられないカスタムですが、逆に地味な分、周囲の目を気にせずに乗れるという点ではメリットがあります。

 

Hirokazu Hiraiwaさん(@nanotsun)がシェアした投稿 -

ついに痛車仕様のアテンザセダンが登場しました!

ホワイトカラーのボディーに、大胆にも可愛らしいアニメの少女が描かれたラッピングフィルムを貼って、独特な世界観をアピールしています。

エアロは社外のフロントハーフスポイラーとサイドステップを装着してドレスアップ。

ホイールはブロンズカラーでエッジの効いたスポークデザインのものをチョイスし、さらにゴールドの社外ホイールナットを組み合わせています。

その他、フロントグリルのマットブラック化とナンバープレート移設など、細かい箇所もモディファイされています。

 

yoshihikoさん(@yosshiy_photos)がシェアした投稿 -

エアロレスのシンプル車高短仕様のアテンザセダンです。

フロントグリルと窓枠をブラック化することで、ホワイトカラーのボディーを視覚的に引き締めてみせる効果を狙っています。

また、エアロのない外装にも関わらず、地面とのクリアランスの少なさが、車高の低さを物語っていますね。あまりの下げ幅の多さに、前後フェンダーがホイールに被さってしまっています。

ホイールはガンメタカラーのスポークとポリッシュカラーのステップリムが組み合わされた、スポーティーなデザインのタイプをセレクトしています。

 

Mazzoomm© | Mazda 6 GJさん(@mazzoomm)がシェアした投稿 -

個性的な後ろ姿へと仕上げられたアテンザセダンです。

リアディフューザーが1体式となっているリアハーフスポイラーとサイドステップ、そしてトランクにはミニリアスポイラーが装着されて、ノーマルとは一味違った外装になっています。

ホイールはリムの深さを強調するのではなく、逆にフラットなディスク面を持つタイプがセレクトされ、欧州のチューナーブランドが用意しそうなホイールデザインに似ています。

ただ、マフラーの存在感がリアハーフスポイラーに対して若干負けている印象を受けるので、もう少し、パイ数の大きいサイズをセレクトして欲しいですね。

 

yayoiさん(@yayoi30)がシェアした投稿 -

攻撃的なデザインのフロントバンパーに変更されたアテンザセダンです。

グリルも横フィンが一本タイプに変更されているため、ノーマルと比較すると、だいぶ印象が変わっています。

また、ホイールは角ばったツインスポークデザインが特徴的な、ブラックカラーのタイプをセレクトされ、スポーティーかつ、メリハリのある足元に仕上がっています。

しかし、残念なことにこの車の車高はノーマルです。せっかく社外ホイールを装着しているにも関わらず、フェンダーとタイヤの隙間は大きくあいてしまっています。今後は、車高を煮詰めてほしいですね。

 

Mazda6さん(@showm6)がシェアした投稿 -

ブラックカラーで統一されたアテンザセダンです。

社外のフロントハーフスポイラー、サイドステップ、リアアンダースポイラー、そしてトランクスポイラーが車の印象を大きく変えています。

さらにヘッドライトには社外のアイラインが追加され、悪そうな目つきになっています。

ホイールはブラックカラーのメッシュスポークとインナーリムに、外側のリムの周囲のみをシルバーに塗り分けるタイプが装着され、車全体の統一感を高めつつ、ちょっとしたアクセントとしての役割も担っています。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

2代目アテンザセダンのGH系です。

ブラックカラーのボディーには、社外のフロントアンダースポイラー、サイドアンダースポイラー、リアアンダースポイラーが装着され、ボディーの腰下の印象を変えています。

ホイールはスポークが細目のメッシュタイプをセレクトして、単調になりがちなダーク系カラーの外観にアクセントを加えています。

フロントグリルはエンブレムごとブラックに塗装され、フロントバンパー下には青いデイライトを追加して、人と違う仕様を目指しています。

 

Youga Hamasakiさん(@yougatenza)がシェアした投稿 -

こちらはかなりハードにカスタムされた仕様のアテンザセダンです。

社外のフロントハーフスポイラーとサイドステップは、エアサスでローダウンされた車高により、地面スレスレの状態となっています。

鬼キャン状態でセットされた前後ホイールは、ポリッシュカラーのコンケーブスポークタイプがセレクトされ、迫力ある足元になっています。

また、前後のツライチ状態も完ぺきで、フェンダーとリムが今にも当たりそうな、緊張感が漂う仕様になっています。

 

Ryoheiさん(@nana.fd.atenza)がシェアした投稿 -

上品にカスタムされたアテンザセダンです。

フロントとサイドに、社外のアンダースポイラーを装着し、それをさらにボディーと同色にすることで、違和感のないエクステリアに仕上がっています。

フロントグリルはエンブレムレスのタイプへと交換されて、顔面のイメージ変更を図っています。

ホイールはスポーティーなポリッシュカラーの10本スポークデザインのタイプを選び、スポーティーかつ高級感ある雰囲気となっています。

また、ブレーキキャリパーが赤く塗られていたり、赤いホイールナットが組み合わされていたりと、細かいところまできっちりと手が加えられている印象を受けます。

 

Taniguthi Haruyaさん(@haruyataniguthi)がシェアした投稿 -

ブラックの車高短アテンザの登場です。

エアロ類は一切装着しない、究極のシンプルスタイルのまま、カスタムに挑んでいます。

装着されるホイールは、ブラックカラーのワーク マイスターです。

ノーマルフェンダーながら、可能な限り深リムサイズを選ぶことで、エアロが無い分の迫力のなさをカバーをしようとしている事がうかがえます。

リアホイールは、若干ツラウチ気味に引っ込んでしまっているようにも見えますが、車高の低さとあいまって、十分、注目される仕様に仕上がっていると思います。

 

ど派手なカスタム仕様のイエローアテンザの登場です。

シザーズドアとガルウイングドアの組み合わせで、今にも羽ばたきそうなルックスになっています。

フロントのシザーズドアはともかく、リアのガルウイングドアがどのような構造で取り付けられているのか気になります。

もちろんドアだけでなく、エクステリア全体も気合が入ったカスタムが施されています。

具体的には、フロントハーフスポイラー、サイドステップ、リアハーフスポイラーが装着され、車高をエアサスで地面スレスレになるまでローダウンしています。

ホイールも21インチ前後の大口径サイズがセレクトされ、迫力ある足元を演出しています。

 

メッキホイールが装着され、煌びやかな印象が強まった仕様のアテンザセダンです。

エアロ類は基本的には取り付けず、素の状態でドレスアップを試みています。

車高は程よくローダウンといったレベルに留められ、また、ブレーキキャリパーが赤く塗られるなど、ボディー自体に直接加工は施さずに、手軽にできる範囲内でカスタムを進めています。

派手な印象は全く受けませんが、コストパフォーマンスを重視したドレスアップがされていると言えます。

 

@ayatodekamaがシェアした投稿 -

車高短仕様のアテンザセダンです。

ブラックカラーのエンケイ92を装着して、旧車テイストが盛り込まれてカスタムされているのが特徴です。

エアロは、小振りなデザインのマツダスピードのフロントアンダースポイラーと社外のサイドステップを装着して、低くなった車高に対応しています。

グリルはエンブレムレスのタイプへと交換されて顔面のイメージチェンジを行う一方、ルーフ、ドアミラーカバー、ドアノブをブラック塗装することで、白いボディーにメリハリを効かせています。

よく見ると、テールレンズもスモーク化されていますね。

 

oota_tetsuoさん(@tetsu_pri)がシェアした投稿 -

BMWの純正ホイールを装着している、異色のアテンザセダンです。

エアロはマツダスピードのフロントアンダースポイラーのみにとどめ、さりげなくドレスアップしています。

その分、車高は大幅にローダウンされ、純正よりもローフォルムなスタイルを実現することでインパクトを狙っています。

流用されているBMW純正ホイールはE63/E64 6シリーズ用です。PCD変換スペーサーを使っているのでしょうか?どのようにしてBMWのホイール装着しているのかが気になりますね。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。