Hiroki Matsuokaさん(@hm_photograph)がシェアした投稿 -

30アルファード後期のカスタム仕様のご紹介です。

エクステリアは純正エアロのまま、車高を着地寸前までローダウンさせた、シンプル車高短仕様です。

社外のエアサスで車高を下げているのだと思いますが、それにしても、最新モデルが地面スレスレの状態までローダウンされている姿はインパクトがあります。

また、20インチ前後のサイズの大口径ホイールが、フェンダーぎりぎりをかわして収まっている様子は圧巻ですね。

社外のエアロがなくても、このままで十分カッコイイと思います。

 

こちらは30アルファード前期のカスタム仕様です。

エアロは、この車も基本的にノーエアロ仕様です。

車高は、フロントタイヤもフェンダー内側に入り込んでしまっているので、おそらくエアサスにてローダウンされていると思います。

ホイールはスポーティーかつプレミアムな雰囲気を併せ持つ、BBS LM-Rで、まさに30アルファードの高級感溢れるイメージにピッタリだと思います。

また、シンプルな仕様でも飽きがこないよう、ボディー側面にデコラインがさりげなく追加され、ドア下にはデカールが貼られていて、アクセントの役割を果たしています。

 

Takahiro Kftさん(@takahiro_kft)がシェアした投稿 -

今度はブラックカラーの30アルファード前期の登場です。

エアロはフロントのアンダースポイラーのみのシンプルな仕様です。

しかし、エアロレスな分、車高の低さには妥協がありません。

ホイールはブラックボディーに映えるような、ゴールドカラーのメッシュスポークタイプをセレクトし、エレガントな雰囲気を漂わせています。

車高の低さを最優先にした結果なのか、ホイールが前後共にツラウチ状態になっています。

決して派手さはありませんが、高級感を崩さないようにする配慮が感じられる仕様となっています。

 

SASAKI OF JAPAN🇯🇵さん(@kngooo6)がシェアした投稿 -

シンプル系カスタム好きの人から絶大なる支持を得そうなルックスの30アルファード後期です。

後期型の煌びやかで、押し出し感の強いフロントマスクを最大限に活かし、エアロパーツには一切頼らず、車高のローダウンとホイール交換のみに留めた、究極のシンプルカスタムが施されています。

ホイールは王道とも言うべき、BBS スーパーRSをセットしています。高級感あるディスクデザインは、30アルファード後期をさらにスタイリッシュに引き立てています。

よく見ると、ドア下にさりげなくメッキモールが追加されています。これにより、高級感がプラスされるだけでなく、車高の低さも強調されています。

 

al30_yuto.papaさん(@al30_yuto.papa)がシェアした投稿 -

爽やかなホワイトカラーの30アルファード前期です。

純正のエアロタイプのフロントバンパーに、アンダースポイラーを追加して、アルファード本来の雰囲気を崩さずにドレスアップしています。

ホイールは20インチクラスのメッシュタイプが履かせられています。スポークカラーも上品なポリッシュカラーで、高級感を感じる足元に仕上がっていると思います。

車高は驚くほど低いというわけではありませんが、バランスが取れていて、スタイリッシュです。

また、助手席側の純正フェンダーミラーがキャンセルされており、すっきりとした印象となっているのも、ポイントが高いですね。

 

Naomichi Itoさん(@naom1ch1)がシェアした投稿 -

威圧感のあるブラックカラーの30アルファード後期です。

エアロは社外のハーフスポイラーをフロントに組み合わせて、下回りにボリューム感をもたせています。

ホイールはガンメタの6本スポークデザインのものをチョイスし、高級感よりも、どちらかというと、スポーティーよりなタイプが採用されています。

車高もきっちりと落とされ、ノーマルとの差別化が図られています。

また、この車も純正のフェンダーミラーが取り外され、ボンネット廻りがすっきりとしているのが特徴です。

 

ギャルソンのデモカーの30アルファード前期です。

外装はもちろんギャルソンのボディーキットをフルでまとい、さらにコンケーブ形状となっているゴールドメッシュホイールを装着して、足元をギラつかせています。しかし、ホイールのサイズは、30アルファードの車格に対して若干小さめの19インチをセレクトすることで、車高短重視のドレスアップが施されています。

また、ボンネットにはスポイラーが装着されていたり、ヘッドライトにはアイラインが追加されていたりと、ノーマルとの差別化に余念がありません。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

少しVIPワゴン的要素が取り込まれた仕様の30アルファード前期です。

バンパーは純正のエアロタイプのままですが、社外のフロントアンダースポイラー、サイドアンダースポイラー、そしてリアにはディフューザーが一体となったアンダースポイラーが装着されて、イメージチェンジが施されています。

ホイールは派手なゴールドメッキのメッシュタイプをセレクトして、足元に存在感をもたせています。

さらにボディー側面にデコライン、ドア下にはデカールを貼り付けて、ホワイトカラーのエクステリアにアクセントを加えています。

 

Tomo.Pさん(@tomo.peeee)がシェアした投稿 -

かなり個性的にアレンジされた仕様の30アルファード前期です。

オレンジ色で縁取られた、エッジの効いたダクトを備える、社外のフロントバンパーを装着し、さらにサイドアンダースポイラーとリアアンダースポイラーを追加して、大幅な仕様変更を行っています。

また、ドアミラーカバーがオレンジに塗装されている他、オレンジ色のデコラインや、デカールが貼り付けられて、派手な印象が強まっています。

フロントグリルはブラック塗装され、おまけにボンネットマスコットもエンジンフード上に設置され、オリジナルティー溢れるルックスに仕上がっています。

 

はるさん(@haru_nakai)がシェアした投稿 -

ブラックカラーの車高短30アルファード前期です。

ホイールはワーク イミッツを履かせ、あえて少し古いデザインのスポークデザインをチョイスすることで、意外性を狙っています。もちろん、ディスクデザインもボディーデザインに似合っていて、違和感はありません。

あまりにも小振りなので見落としがちですが、フロントアンダースポイラーとサイドアンダースポイラーが純正のエクステリア下に取り付けられていて、さりげなく外装がアップグレードされています。

 

モデリスタのフルエアロで武装した30アルファード前期です。

さすがモデリスタといった感じで、エアロの質感やフィッティングは抜群に良さそうですね。

ホイールは19インチのツインタイプの5本スポークが装着されていますが、車高がノーマルのせいか、タイヤとフェンダーの隙間があいてしまっているのが残念です。

ディーラーへの入庫や車検を考慮した結果のセッティングなのかもしれませんが、カスタムカーとして見ると、あともう一歩足りないといった印象を受けます。

 

……ms……さん(@30.al_mh__s)がシェアした投稿 -

威圧感の漂う、ブラックカラーの30アルファード前期です。

エアロはフロントアンダースポイラーのみに留め、車高の低さとホイールでアピールする、シンプルカスタム仕様として車を仕上げています。

ホイールは高級感が出るよう、ポリッシュ系のメッシュタイプをセレクトしています。

車高もキッチリと落とされていますが、フロントホイールが若干内側に引っ込み気味なので、5mmスペーサをかますなどして、もう少し、ホイールのツラをアウト側へセットすれば、もっとカッコよくなるのではないでしょうか?

 

シャンデリアを背景に佇む姿が様になっている30アルファード後期です。

エアロはM'z SPEEDのエクスクルーシブゼウスのフロントハーフスポイラー、サイドステップ、リアハーフスポイラーを装着してドレスアップしています。

ホイールはツインタイプの5本スポークで、ピアスボルトが強調された、迫力あるディスクデザインのタイプが採用されています。

車高はあえて余力を残した状態で、ローダウンされています。その気になれば、まだまだ低く落とせそうですね。

 

tiara0333さん(@tiara0333)がシェアした投稿 -

シンプルに見えつつも、複数の社外パーツが組み合わされた仕様の30アルファード前期です。

フロントバンパーは大型のダクトを左右に備えたエアロバンパーへと交換され、さらにその下にアンダースポイラーを追加して迫力をもたせています。

ホイールはミニバンカスタムでは定番のシュバートSC4をセレクトしています。高級感のあるポリッシュカラーが、ブラックボディーのエクステリアを引き立てています。

もちろん車高も抜かりはなく、フロントタイヤがぎりぎりハンドルを切れる状態までローダウンされています。

 

naoyukiさん(@nao09sttc)がシェアした投稿 -

スポーティーに仕上げられた仕様の30アルファード前期です。

社外のフロントアンダースポイラー、サイドアンダースポイラーが追加されており、さらにディフューザー付きのリアアンダースポイラーが装着され、スポーツカーのようなテイストが取り込まれています。

また、ホイールは20インチクラスの大口径サイズがチョイスされ、30アルファードの大柄なボディーにも負けない存在感を放っています。

リアの社外の4本出しマフラーも青い焼き色が入っていて、かっこいいですね。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。