林奨真さん(@h.shoma323)がシェアした投稿 -

こちらはGP系インプレッサスポーツです。

ボンネットはダクト付きのタイプへと交換され、歴代のインプレッサWRXシリーズを彷彿とさせるルックスとなっています。

フロントバンパーはケンスタイルで、サイドステップも社外品が取り付けられています。

さらに、汎用のラバータイプのスポイラーがフロントバンパーとサイドステップ下に取り付けられていて、アクセントの役割を果たしています。

ヘッドライトは社外のプロジェクター式のインナーブラックタイプへと交換され、個性的な表情を持つ仕様へとカスタムされています。

 

@kishiprezaがシェアした投稿 -

渋い、ワインレッド系カラーのGP系インプレッサスポーツです。

外装には、フロントハーフスポイラー、サイドステップ、リアアンダースポイラーが組み合わされ、さらに純正オプションのルーフスポイラーが装着されて、より一層スポーティーな雰囲気が高められています。

ホイールはワインレッドによく似合う、ゴールドをスポークカラーに選び、タイヤのレタリングのホワイト化とあいまって、レーシーな雰囲気も漂わせています。

テールランプも社外へと交換され、大人しい印象のインプレッサスポーツにスパイシーな要素を加えています。

 

ケイゴさん(@keigo1565)がシェアした投稿 -

ホワイトカラーのGP系インプレッサスポーツです。

フロントグリルは純正オプションのメッシュタイプへと交換され、フロントハーフスポイラーとサイドステップを車体下に取り付けて、腰下にさりげなくインパクトを与えています。

ホイールは17インチの6本スポークタイプがセットされていて、スポークカラーをボディーカラーとは対照的なブラックカラーを選ぶことで、外装にメリハリをつけています。

また、よく見ると、フロントバンパーのリップ先端中央部とリアルーフスポイラーが黒く塗られており、独自のエッセンスが加えられています。

 

Morita shigeruさん(@moririn_79)がシェアした投稿 -

GP系インプレッサスポーツ後期のシンプルカスタム仕様です。

インプレッサスポーツでは珍しい、ルーフレールを装着しているのが、この車の最大の特徴です。

エアロ類は純正のまま、フロントグリルを純正オプションのメッシュタイプへと交換。

また、ドアミラーカバーやドアノブなど、細かい箇所をブラック化してアクセントにしています。

ホイールは社外のスポーティーなデザインのものをセレクトし、車高もちゃんとローダウンされていて、きれいにまとめられた印象を受けます。

 

chan85さん(@gt7kz)がシェアした投稿 -

2代目インプレッサスポーツのGT系です。

エアロはSTIのフロントリップスポイラーのみに留めています。

その代わり、車高の低さとホイールで、インパクトを追求しています。

ホイールは19インチサイズのブロンズカラーのスポークとポリッシュカラーのリムが組み合わされた、スポーティーなルックスのタイプをチョイスしています。スポークも流行りのコンケーブ形状で、GT系インプレッサスポーツのボディーデザインにもよく似合っています。

よく見ると、フロントバンパーのナンバープレートレス化が施されていて、さりげなく、純正とは異なる表情となっています。

 

Hroyuki Bandoさん(@yuki.banban)がシェアした投稿 -

ブラックカラーで統一されたGP系インプレッサスポーツです。

エクステリアには、フロントハーフスポイラー、サイドステップ、リアハーフスポイラー、そして純正オプションのルーフスポイラーが装着され、大人しい印象のインプレッサスポーツにさりげなくインパクトを与えています。

ホイールはスポーティーな細い9本スポークタイプで、19インチサイズのものをセットしています。タイヤも扁平率の低い、薄いサイズのものが組み合わされていて、足元がスタイリッシュになっています。

 

カイボーイさん(@imp_4183)がシェアした投稿 -

少し派手な外観となっている、GPインプレッサスポーツです。

ボンネットにはラッピングフィルムが貼られ、社外ボンネットを装着しているかのように演出。

さらにボディー側面に、黒いスバルのエンブレムデカールを大胆に貼り付け、周囲にアピールしています。

また、フロントバンパーとサイドステップにはケンスタイルのエアロを装着し、その下に社外のアンダースポイラーを組み合わせることで、個性的なエクステリアを表現しています。

ボディー全体として見ると、ブラックカラーとホワイトカラーの2色をうまく使い分けた仕様になっていますね。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

Takeshi Onoさん(@onotinn2002)がシェアした投稿 -

一瞬、ミッドナイトパープル系のボディーカラーにも見える、GP系インプレッサスポーツです。

グリルは純正オプションのメッシュタイプをエンブレムレスにアレンジ。

さらに追加されたフロントアンダースポイラーとサイドアンダースポイラーの縁に赤いモールテープを貼り、ドアミラーカバーとルーフのシャークアンテナを赤に塗ることで、ダーク系カラーのボディーにアクセントが効いたルックスとなっています。

ホイールはブラックカラーのツインスポークタイプで、赤いホイールナットと組み合わせることで、ボディーの雰囲気に合わせています。

 

たがちゃんさん(@tagantz_077)がシェアした投稿 -

思わず足元に目がひかれてしまう仕様のGP系インプレッサスポーツです。

ホワイトカラーのボディーに、ひときわ目立つ、蛍光イエローのホイールをセットしています。

ただ、ホイールサイズと車高の高さに妥協を感じます。

サイズは純正と同様の17インチサイズで、車高はノーマルという、ただ単にホイールを変えただけという感じが伝わってきてしまっているので、せめて18インチサイズを選び、ダウンサスで車高をローダウンといった内容のカスタムを施してもらいたかったです。

ホイールのカラーリングやその他ドレスアップ箇所(エアロ、テールランプなど)が個性的にアレンジできていただけに、残念です。

 

s.simiさん(@ismart.simi)がシェアした投稿 -

シンプルながら、独自のアレンジを加えてカスタムされたGP系インプレッサスポーツです。

ヘッドライトはUSヘッドライトを意識して、オレンジのカラーフィルムを貼ることで、アクセントを効かせています。

ホイールはラリーカーを意識してか、15インチサイズのブロンズカラーの6本スポークデザインをチョイスしています。

よく見ると、リアには純正オプションのルーフスポイラーが装着されています。

この車も総合的に見ると、やはり中途半端な印象が否めません。ラリー方向のカスタムをするのか、USDM方向のカスタムにするのか、どちらつかずの雰囲気が漂ってしまっています。

 

Baba Shingoさん(@shingo6551)がシェアした投稿 -

ブラックカラーでまとめられたGT系インプレッサスポーツです。

フロントバンパー下にはSTIのリップスポイラーと、ブラックカラーの17インチのメッシュホイールが装着され、シックな印象に仕上げられています。

また、ボンネット向かって右側にステッカーを貼って、控え目にアクセントを加えています。

車検やディーラー入庫を意識してのカスタム内容だと思うので、今後、過激にカスタムされることは考えにくいですが、せめて、車高をもう少しだけローダウンさせるのと、ホイールをインチアップする事だけは着手してもらいたいですね。

 

にしおかさん(@nishioka.imp)がシェアした投稿 -

桜を背景に佇む姿がキマッている、GP系インプレッサスポーツです。

車高が大幅に落とされ、凝ったデザインのホイールを組み合わせているこの仕様は、スタンス系カスタムを意識しているに違いありません。

フロントの後期用バンパーの下にはアンダースポイラーが追加され、リアバンパー下にもアンダースポイラーが装着されています。

ホイールは、横から見ると星のような形状をしたスポークデザインで、カラーもブロンズをセレクトすることで、おしゃれな足元を演出しています。

 

りょう@_@ かたのさん(@ryo_2208)がシェアした投稿 -

ブラックカラーのGT系インプレッサスポーツです。

外装は車高を含めフルノーマルだと思います。

この車の唯一のカスタム箇所はホイールです。

車高はノーマル、エアロもないという、インパクトに欠けるエクステリアをカバーする分、ホイールには少しこだわりを反映させています。

ボディーカラーに合わせる形で、スポークはブラックカラーをチョイスしています。

また、ホイールの存在感が際立つよう、ポリッシュカラーのステップリムとピアスボルトが組み合わされています。

 

ケイゴさん(@keigo1565)がシェアした投稿 -

スポーティーにまとめられた、ホワイトカラーのGP系インプレッサスポーツです。

フロントハーフスポイラー、サイドステップ、リアハーフスポイラー、そしてブラックに塗装された純正オプションのルーフスポイラーにより、さりげなくも車の存在感が高められています。

ホイールは17インチクラスのブラックスポークとポリッシュリムが組み合わされたタイプで、車全体の雰囲気を引き締めています。

ホイールのサイズが、車格に対して若干小さくも見えますが、車高がローダウンされている分、大きな違和感はありません。

 

しょうたさん(@shouta_810)がシェアした投稿 -

ブラックボディーに赤いストライプが映える、GP系インプレッサスポーツです。

純正グリルのメッキモール部分に赤いカラーモールを貼って、独自のアレンジを施しています。

また、汎用のラバースポイラーをフロントバンパー下とサイドステップ下に追加することで、社外のアンダースポイラーを装着しているかのように見せています。

ホイールもボディーのカラーリングを反映したようなルックスで、ブラックスポークにリムの縁に赤いモールを貼って、統一感を高めています。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。