1分で車を60万円値引きする裏技

【画像】アルトバンのカスタム例まとめ!改造・ドレスアップする方必見!

big boyさん(@_____big.boy_____)がシェアした投稿

初代アルトバンのSS30Vです。

この車が現役だった当時は、アルトという車種自体がバンにカテゴライズされていました。

その証拠に、リアガラスには当時のバンの標準装備だったウインドウ保護バーが装着されています。

外装はいかにも旧車といった感じで、ノーエアロにホイール交換と車高のローダウンのみという、シンプルなカスタム内容となっています。

ホイールはSSR マーク1です。サイズは10インチくらいでしょうか?かなりの小径サイズに見えます。

 

#rx8 mizukiさん(@mizuki3045)がシェアした投稿

6代目アルトバンのHA24Vです。

エアロ類は一切つけず、車高をローダウンさせた後、ホワイトカラーの6本スポークタイプのホイールをチョイスして、スポーティーな雰囲気に仕立ててあります。

ヘッドライトの最下部には、パープルのライトフィルムが貼られ、アクセントの役割を果たしています。

室内に目を移すと、ジャンクションプロデュースを彷彿とさせる、社外のふさがルームミラーに掛けられています。

バンゆえか、コストを抑えたカスタムが施されています。

 

かなもり えりさん(@eri_yup)がシェアした投稿

ブルーにオールペイントされたHA11V系アルトバンです。

フロントバンパーは社外なのでしょうか?ダクトが備わり、リップスポイラーが組み合わされていて、スポーティーな顔つきになっています。

また、サイドステップも追加されて、車体がより低く見えています。

もちろん、実際の車高も低く設定されており、タイヤとフェンダーのクリアランスを見ると、ノーマルから大幅にローダウンされていることがわかります。

ホイールは、若干オーバースペックにも思える、ホワイトカラーのTE37が履かせられていて、充実した足回りとなっています。

 

ろ~くんさん(@hanozishiyakotan)がシェアした投稿

つや消しの段ボールカラーにオールペイントされたHA11Vです。

フロントバンパーのみ、あえてつや消しのブラックに塗り分けられ、単調なルックスにならないよう、アクセントのような役割を果たしています。

車高はかなり低くなっており、フロントのマッドガードが地面にあたりそうです。

ホイールは赤い5本スポークタイプで、旧車スタイルを意識してカスタムされていることが伝わってきます。

さらによく見ると、室内には赤いロールバーが装着されていたり、助手席に吊り輪がぶら下がっていたりと、ヤンチャな雰囲気が漂っています。

 

Naoto Itoさん(@naoto_i)がシェアした投稿

HA12V系アルトバンです。

社外のリアバンパーとサイドステップを装着して、腰下にインパクトをもたらしています。

リアルーフスポイラーはEK9 シビックタイプR用の純正を流用しています。ルーフスポイラーの横幅が車幅よりも長く、左右に飛び出してしまっている様子が、見ていて面白いですね。

ホイールはガンメタのメッシュタイプをセレクトしてスポーティーにしていますが、できれば車高をもう少し落としてほしいですね。

また、マフラーが社外の砲弾タイプに変更されていますが、ユニークなセンター出しとなっています。

 

柊弥(らぎ)さん(@shuya_lipps)がシェアした投稿

HA36V系のアルトバンです。

ボンネットにはマットブラックのラッピングフィルムを貼って、社外ボンネットを装着しているかのように演出しています。

さらに、リアにはルーフスポイラーとして、社外のGTウイングが装着されて、迫力ある姿になっています。

ホイールはボディーカラーに合わせる形で、ホワイトカラーの6本スポークタイプをチョイスして、軽快感のある足元に仕上げています。

今後は、ぜひ車高のローダウンに着手して欲しいですね。

 

KAZさん(@firstroad97)がシェアした投稿

こちらもHA36V系アルトバンです。

カスタム内容は極めてシンプルで、車高のローダウンと、ホイールを15インチのブラックレーシングへと変更するのみとなっています。

ローコストでカスタムするには、旧車スタイルのようなノーエアロの車高短仕様が、一番手っ取り早くできます。

ベース車両がバンなので、あまりお金をかけたくない気持ちはわかりますが、できればボンネットやルーフにラッピングシート貼るとか、ヘッドライトに色付きのライトフィルムを貼るなどして、見所を増やしてほしいです。

MEMO

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知らないと最大60万円以上も損します。

詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。

裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

 

あおちゃんさん(@aochiyan1)がシェアした投稿

この車もHA36V系アルトバンをベースにカスタムされています。

ボンネットにはラッピングフィルムを貼ってマットブラック化。

さらにフロントバンパーはフォグランプ付きのHA36S用の純正品へと交換し、さらに社外のハーフスポイラーを組み合わせることで、個性的に仕上げています。

ホイールはロンシャンのXR4を装着しています。おそらく復刻版だと思いますが、存在感のあるルックスは健在です。

しかしながら、タイヤサイズがだいぶ肉厚であるのと、車高がノーマルで有る点が、マイナスポイントです。タイヤサイズは妥協したとしても、車高はもう少しローダウンして良いと思います。

 

esbstagramさん(@esb_cls)がシェアした投稿

だいぶスタンス寄りの方向性でカスタムされたHA36V系アルトバンです。

車高は地を這うといった表現がふさわしく、仮に社外のフロントアンダースポイラーやサイドステップがなかったとしても、十分、車高は低く見えると思います。

ホイールはホワイトカラーの5本スポークタイプで、コンケーブ形状となっている、スタンスシーンでよく見かけるデザインのものがセレクトされています。

さらによく見ると、ボンネットも社外品へと交換され、ダクトが追加されている他、ボンネット先端がヘッドライト上部にまでかかる位にまで延長された結果、フロントマスクがバッドフェイス仕様になっています。

 

Mi-yan/japanさん(@studio_pirro)がシェアした投稿

こちらは異色なカスタムが施されたHA36V系アルトバンです。

ご覧の通り、車高がリフトアップされ、クロカン的なスタイルへと姿を変えています。

前後、樹脂のようなマットブラックカラーのオーバーフェンダーが装着され、それに伴い、肉厚で、武骨なトレッドパターンのタイヤを履かせてワイルドなルックスを手に入れています。

さらに、フロントバンパー下に取り付けられたアンダーガードが、オフロード仕様車のイメージを決定的なものにしています。

こんなユニークな仕様ですが、足回りにどのような加工を施しているのか、気になりますね。

 

Tetsuya Tanumaさん(@tante_tano_)がシェアした投稿

シンプルカスタム仕様のHA36系アルトバンです。

ボンネット先端には、社外のバグガードが装着され、ユニークな印象のフロントマスクとなっています。

ホイールは6本スポークのブロンズカラーのタイプがセレクトされ、スポーティーな印象を強めています。

また、ルーフには社外のキャリアが設置されていますが、スタンスのノリのようなオシャレ目的で付けたのではなく、おそらく仕事で使うために付けたのだと思います。

結果として、この車は業務用の車のカスタムのお手本的な存在と言えそうですね。

 

なべまる。さん(@yuya1579)がシェアした投稿

こちらはHA25V系アルトバンです。

ホイールは、高級感のあるポリッシュカラーの5本スポークタイプを装着して、バンのルックスに上品さを加えています。

HA25Vは、元々屋根がずんぐりとした形をしている分、ボディーが大きく見えるのですが、ホイールが16インチ前後の比較的大きめのサイズをセレクトしたことで、ホイールの存在感はボディーの存在感にも負けていません。

車高も程よくローダウンされ、違和感のないサイドビューとなっています。

 

MASATAKA IKEDAさん(@1ke_d)がシェアした投稿

徹底的にカスタムされている印象のHA12V系アルトバンです。

まず、ボディーはイエローへとオールペイントされ、大型のルーフスポイラーと社外のエアロミラーが追加されて、大きく仕様変更されています。

さらにフロントボンネットも、フード先端が延長され、フロントマスクがバッドフェイス仕様になっています。

ローダウンされた車高には、ロンシャンのXR4が、鬼キャンの前後ツライチ状態でセットされていて、バンであることを忘れてしまうくらい、最高にカッコイイフォルムを実現しています。

 

Takuo Azuhata ha23さん(@takuoazuhata)がシェアした投稿

走行会仕様のHA12V系アルトバンです。

エクステリアには、社外のフロントリップスポイラー、大型ダクトを備えた社外ボンネット、社外の牽引フック、そしてゼッケンをはじめとするステッカーが貼り付けられ、レーシーな雰囲気が漂う仕様となっています。

さらに室内にはロールバーが装着され、この車が競技用車両であることを物語っています。

ホイールは前後色違いのちぐはぐな組み合わせで、しかもインチも前後で異径となります。これには、走りに関係する、セッティング上の大きな理由がありそうですね。

 

まつやま まさきさん(@maaasaky)がシェアした投稿

こちらもHA12V系アルトバンをベースとした競技車両です。

純正の紺色のボディーカラーが、この車がバンであることを感じさせてはくれますが、ホワイトの軽量タイプの社外ホイール、ローダウンされた車高、室内に設置されたロールバーが、この車が本格的なサーキット走行会仕様車であることを強烈にアピールしています。

HA12Vは、車体の価格もリーズナブルですし、アルトワークスの部品が流用できるという点においても、競技車両として魅力的な存在であることが言えます。