com_iさん(@com_._._i)がシェアした投稿 -

社外のエアロをまとったエアウェイブです。

フロントバンパーはリップ部にLEDデイライトが埋め込まれたスポーティーなデザインで、サイドステップは少し肉厚なサイズが装着され、下廻りにボリューム感が出ています。

車高は適度にローダウンといった感じで、低すぎず、高すぎず、バランスの取れたルックスを実現しています。

ホイールはBBSを彷彿とさせるようなスポーティーなスポークデザインで、オシャレとスポーティーさを両立させた足回りとなっています。

 

ヤマ君さん(@hakaishin126)がシェアした投稿 -

ブラックカラーで統一された悪そうな雰囲気のエアウェイブです。

社外のハーフエアロでボディーの下廻りにインパクトを持たせている他、5本スポークのステップリムを備えたホイールをセレクトして、渋い外観に仕上げています。

もちろん車高もきっちりとローダウンされていて、前後共に美しいツライチ状態を実現しています。

少し意外だったのは、テールランプがスモーク化されず、ノーマルの状態のままが維持されている点です。

テールをスモーク化すれば統一感がより高まり、もっとカッコよくなるのではないでしょうか?

 

326さん(@negum326)がシェアした投稿 -

ガンメタカラーのスポーティーな仕様のエアウェイブです。

装着されているエアロは、無限で全て統一されています。

ノーマルにはない、アグレッシブなデザインがボディー下廻りに加えられていて、ボリューム感が増した印象を受けます。

また、ボンネットとフューエルリッドにマットブラックのラッピングシートが貼られ、アクセントになっています。

ホイールは16インチくらいでしょうか?

螺旋状のスポークデザインで個性的な足元となっていますが、車高がノーマルなのとホイールのサイズが若干小さいせいか、フェンダーとタイヤの隙間が大きくあいてしまっているのが気になります。

 

田中安紀男さん(@akio0530)がシェアした投稿 -

スタンス仕様にカスタムされたエアウェイブです。

ありきたりな白や黒ではなく、グリーン系のカラーをセレクトしているあたりに、オーナーのこだわりが感じられます。

外装はサイドステップが装着されている以外は、基本、ノーエアロ状態です。

また、フロントバンパーは純正ですが、フォグランプ廻りのカバーやダクト中央部の格子を大胆にも取っ払い、純正のラジエターが丸見えの状態となっています。

さらにフロントグリルもアルミネットタイプに変わっていて、ワイルドな印象を受けます。

 

しょーごさん(@shogo_d26)がシェアした投稿 -

モデューロのエアロをまとったエアウェイブです。

フロントグリルもエンブレムレスの横フィンタイプへと交換され、だいぶノーマルとは異なった印象の顔つきとなっています。

純正オプションのエアロですので、派手なルックスではありませんが、スタイリッシュなフォルムとなっています。

ホイールは17インチくらいのサイズだと思いますが、エッジの効いた直線的なスポークデザインにピアスボルトが組み合わされた、重厚感が漂うルックスのタイプがセレクトされています。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

костя раковさん(@rakostia)がシェアした投稿 -

ブラックカラーのスポーティーな雰囲気のエアウェイブです。

装着されているエアロは無限で、グリルも無限で揃えられています。

フォグランプには社外のHIDが組み込まれ、青白い光を放っていて、カッコいいです。

ホイールはブラックカラーに映える、17インチ相当サイズのメッキの社外ホイールがセットされていて、車全体的に煌びやかな印象が強まっています。

車高は程よくローダウンといった感じで、さりげないローフォルムに品の良さを感じます。

 

Lim Tan Motorさん(@lim_tan_motor)がシェアした投稿 -

こちらもホワイトカラーのカスタム仕様のエアウェイブです。

装着されているエアロは無限で、社外の17インチクラスのスポーツ系のホイールともマッチしていて、スポーティーな雰囲気を醸し出しています。

車高もローダウンされて、スタイリッシュです。

ルーフはガラスルーフがある関係でブラックカラーに見えていると思いますが、フロントウインドウのトップシェードとあいまって、ホワイトカラーのボディーにメリハリがついています。

 

@hendra_carspotterがシェアした投稿 -

車高短仕様のエアウェイブです。

外装には社外のハーフエアロが装着され、ローダウンされた車高がより一層低く見えています。

リアホイールのツライチ具合は完璧なレベルで、シンプル系のルックスながら、手の込んだカスタムが施されていることが伝わってきます。

ホイールはブラバスのモノブロック3を彷彿とさせるようなディッシュ系のディスクデザインで、カラーをポリッシュにすることで、オシャレで上品な雰囲気に仕上げています。

 

派手にカスタムされたエアウェイブです。

おそらく無限のエアロがベースとなっていると思いますが、フロントバンパー中央部をブラックに塗り分けたり、アンダーカナードを追加したりして、オリジナルのテイストが加えられています。

またフロントグリルがメッキの横フィンタイプに交換されている他、ボンネットにダクトとエアロキャッチが加えられていて、スポーティーに仕上げられています。

ホイールはスポークがポリッシュで、リムがブラックカラーに塗り分けられたタイプが履かせられていて、車全体が引き締まって見えています。

 

muttaqin ramleeさん(@muttaqinramlee)がシェアした投稿 -

ブラックカラーとホワイトカラーの2色が使い分けられたエアウェイブです。

エアロはモデューロでオシャレにドレスアップし、社外の横フィングリルやドアミラーカバーをマットブラックに塗装して、個性的な外観に仕上げています。

また、ドア下に黒のデカールを貼って、単調なルックスになりがちなホワイトカラーのボディーにアクセントを与えています。

よく見ると、フォグランプレンズがイエロー化され、さらにヘッドライトも薄くスモーク化されていて、目力がアップしています。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。