Mason D.さん(@carrcrazy)がシェアした投稿 -

リアタイヤの強烈なキャンバーが気になる、E46セダン前期!

フロントにはM3バンパーを装着し、18インチクラスのディッシュ系深リムホイールをセレクトして、思いっきり車高を落としています。

あえてサイドのドアモールを残すなど、純正の雰囲気を残しながらカスタムを施しています!

リアキャンバーに加え、リアフェンダーもきれいに加工されている点も注目です!

セダンではLCIが人気のE46ですが、こうしてカスタムされた車両を見ると、前期型もカッコイイですね!

 

z.b.r.e46さん(@bullzbro)がシェアした投稿 -

青くオールペイントされたE46 LCI セダン!

丸型ダクトが特徴的なCSLバンパー、前後ビス留めオーバーフェンダー、ホイールは18インチ相当のサイズのロティフォームTMBを装着するなど、スポーティーな雰囲気でまとめられた1台です!

その他、ボンネットに追加されたダクト、チラリと室内から見えるロールバーもカッコイイです!

よく見ると、CSLバンパーも完全なノーマルではなく、フロントリップスポイラーを一体化させる加工が施されていますね!

 

Lafayette Brittoさん(@lafayettebritto)がシェアした投稿 -

鮮やかなグリーンにオールペイントされたE46セダン前期!

フロントはM3バンパーへ変更し、さらにその下にリップスポイラーを追加し、前後ビス留めのオーバーフェンダーを装着し、ホイールはE60純正の19インチを装着しています!

ドアミラーはよく見ると、E36 M3純正のドアミラーに変更するなど、純正パーツを上手く流用しながらカスタムを施しています!

また、室内も運転席と助手席共にレカロシートへ変更するなど、よりスポーティーな仕様に仕上がっています!

 

Jeremy Porterさん(@e4d6xlr)がシェアした投稿 -

純正グリーンを活かしたままカスタムされたE46ツーリング前期!

フロントバンパーはノーマルに社外のフロントリップスポイラーを組み合わせています!

ホイールは17インチ相当の深リムホイールを加工されたフェンダーにキッチリと収めています!

車高がローダウンされている他、純正のルーフレールをなくしてスムージング化するなど、すっきりとした印象にしている点も見逃せません!

ぱっと見、ノーマルのように見えるツーリングですが、よく見ると小技が効いている、こだわりの1台です!

 

@wagon_ownerがシェアした投稿 -

爽やかなブルーカラーのE46 LCIのツーリングです!

外装はMスポーツパッケージのまま、車高は着地するくらいまで落とされています!

ヘッドライトには社外のイカリングがインストールされています。

ホイールは白の18インチクラスのメッシュホイールがセレクトされ、さりげなくネガティブキャンバーがついている姿に、思わず見惚れてしまいます!

あえてルーフレールは残すなど、ワゴンらしさは残しつつも、ベタベタに落とされた車高やキャンバーといった実用性に相反する組み合わせが、この車の独特の雰囲気をつくりあげているのだと思います!

 

adeleさん(@adelegeorgia)がシェアした投稿 -

かなり個性的なE46ツーリングですね!

エアロ類はMスポーツパッケージですが、前後に装着されたビス留めオーバーフェンダーが印象的です!

一見、日本の街道レーサーが装着していそうな極太鉄チンホイールを履いているのかと思いきや、オーソドックスな5本スポークデザインのホイールを装着しています!それにしても太いホイールですね!前後とも10J以上はありそうです!

その他、目を引くポイントとしては、大きく反りあがったリアゲートスポイラーがヤンチャでカッコイイです!

 

e46ologyさん(@e46ology)がシェアした投稿 -

続いては、E46 M3 クーペの登場です!

一瞬、外装色がアドバンカラーにも見えますが、よく見ると違いますね。

E46 GTRのようなボンネットダクト、フロントオーバーフェンダー上部のダクト、GTドアミラー、GTウイングなどがレーシーでカッコイイです!

ホイールも黒のメッシュタイプを装着しています!

フロントバンパーダクト部から見えるのはインタークーラーでしょうか?もしそうだとしたら、ターボ化されていることになります!速そうです!

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

@amg_vs_mpowerがシェアした投稿 -

グレーカラーのE46 M3クーペです! 車高が低い!

リアフェンダーとフロントフェンダーのツライチ具合が最高です!

そしてそこに収まるホイールもかなり極太なサイズのホイールがセレクトされています!ピカピカに光るステップリムもカッコイイです!

その他、カスタムの箇所としては、社外マフラー、サイドスポイラー、リアルーフスポイラー等が装着されています!

E46も世代的には古いモデルのはずですが、こうしてカスタムされている車両を見ると、全く古さを感じないのだから不思議ですね!

 

Stanced Carsさん(@stanced_eu)がシェアした投稿 -

こちらはラグナセカブルーのE46 M3 クーペ!

地面スレスレまで下げられた車高と、純正バンパー下にリップスポイラーが追加されている以外は、ほぼノーマルの外装です!

ホイールは鮮やかな白い6本スポーク形状のものを履かせています!

この車も完ぺきなツライチ状態を実現させていますね!

よく見ると、ホイールのスポーク部分にはアクセントでブロンズ系の色に塗り分けらています!ありきたりな白ホイールでは終わらせず、一ひねりを加えるセンスに脱帽です!

 

@phatpatty24がシェアした投稿 -

爽やかなグリーンはオールペイントされたE46 カブリオレ!

車高も低いです!

リアにはオーバーフェンダーが取り付けられている他、フロントバンパー下にはリップスポイラーも追加されています!

ゴールドのメッシュ状のディスクに、ピカピカのステップリムが組み合わされたホイールは、このグリーンの外装色に似合っています!

その他、トリコロールがアクセントになっているブラックグリルや、社外のヘッドライトが装着されてしています!

 

FLGNTLTさん(@flgntlt)がシェアした投稿 -

真っ赤なE46カブリオレです!

エアロ類はノーマルまま、ホイールと極限まで落とされた車高によって、見違えるくらいカッコよくなっています!

前後深リムのメッキホイールが、ピタピタのツライチ状態でセットされています!

リアもしっかりネガティブキャンバーが効いていますね!

E46カブリオレは、オープンにしてもトランクが盛り上がらないボディー形状をしているので、オープン状態がもっとも映える車種でもあります!ゆえに、一番カスタムしがいのあるオープンモデルでもあると思います!

 

オーソドックスなシルバーカラーのE46 カブリオレ!

しかし、どっしりと落とされた車高とピアスボルト付きの5本スポークのホイールとの組み合わせで、渋くカッコよく仕上がっていると思います!

さりげなく付いているフロントバンパーのUSオレンジマーカーと、サイドの社外メッキモールが、アクセントとしてシルバーボディーを引き立てています!

欲を言えば、オープンモデルですので、内装をもう少し派手な色をチョイスするか、もしくはカスタムするなどの一工夫がほしい一台でもあります!

 

Jack Ayersさん(@_jack.ayers)がシェアした投稿 -

E46と言えば、忘れてはならないのが、このコンパクトです!

サンルーフ付きのシルバーカラーの車体をベースに、車高を思いっきり落とした、シンプルエアロレス車高短仕様です。

ホイールはシンプルな5本スポークのものでありながら、ブロンズカラーのリムが深いサイズをチョイスし、ツライチに合わせてあります!

フロントバンパーもナンバープレートレス化させる事でスッキリ見せ、E46コンパクト独特のフロントフェイスを強調させていますね!

 

Bmw Tuningさん(@bmwtuning)がシェアした投稿 -

ランボルギーニのようなシザーズドアがインストールされたE46コンパクトです!

ボディーはブルーにオールペイントされ、よく見るとボンネットやドアにはエアブラシが吹かれています!

フロントのMスポバンパーに備わる、小さな純正の丸フォグレンズもイエロー化されたりと、独特なカスタムが施されていますね!

ホイールもおもしろいデザインで、黒スポークに白黒ツートンのリムが組み合わされた、個性的なものを履かせています!

 

Andreyさん(@andrey_parkhomenka)がシェアした投稿 -

いかにもスタンス的な、赤いE46コンパクトです!

フロントはナンバープレートレス化されたMスポーツバンパーに、グリルブラック化。

ホイールは白スポークのワーク マイスターのようなデザインの深リムサイズをセレクトし、車高も大幅にローダウンされています!

また、ドア横の黒い純正ドアモールもボディー同色にペイントすることで、全体的にすっきりとした印象へと変えています!

ホイールのツライチ具合もバッチリで、見違えるくらいカッコよくなったE46コンパクトだと思います!

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。