ブラックカラーのT30エクストレイルです。

ホイール交換と細かい部分の仕様変更のみという、シンプルカスタム仕様です。

ヘッドライトには社外のアイラインが組み合わされている他、コーナーレンズがオレンジ化されていて、さりげなくノーマルとの差別化が図られています。

また、ドアミラーカバーもウインカー内臓タイプへと交換されています。

ホイールはオーソドックスな5本スポークですが、センターキャップが武骨なデザインをしていて、マットブラックカラーとあいまって、迫力ある足元を演出しています。

 

firmanさん(@firmansyarifunifil)がシェアした投稿 -

いかにもオフロード仕様といった雰囲気のT30エクストレイルです。

一番最初に目に飛び込んでくるのは、前後のビス留めオーバーフェンダーですね。

ノーマルのフェンダーも元々盛り上がったデザインとなっていますが、それよりもさらに大幅にワイド化されていて、迫力が増しています。

このワイドフェンダーの恩恵により、足元にはより幅広のホイールと肉厚なタイヤが組み合わされて、ワイルドなルックスとなっています。

また、車高もリフトアップされていて、悪路に対する備えはバッチリといった印象です。

 

starさん(@star_karaeng)がシェアした投稿 -

こちらもオフロード仕様のT30エクストレイルです。

この車はオーバーフェンダーは装着していないため、完全にハミタイ状態となってしまっています。これはこれでワイルドだと言えますね。

車高も若干リフトアップされているように見えます。

ユニークなのは、フォグランプレスのフロントバンパーにも関わらず、ナンバープレート付近のエアダクトに社外の四角いイエローフォグランプを上手くインストールしている点です。

また、ボンネット先端にバグガード、ヘッドライトにはアイラインを追加するなど、個性を主張しています。

 

Yellow Roamerさん(@yellowroamer)がシェアした投稿 -

イエローとブラックの2色が使い分けられたT30エクストレイルです。

ボディー全体はイエローカラーを基本とし、サイドモール、バンパー、ドアノブ、ドアミラーカバー、リアガーニッシュ、そして純正オプションのリアウイングなどの細かい部分をマットブラックに塗装することで、メリハリをつけています。

一方、ホイールは小径サイズがセレクトされていて、控え目な印象を受けますが、タイヤは武骨なトレッドパターンのタイプが組み合わされています。

 

NISSAN BLACK X-TRAIL Idさん(@blacx_id)がシェアした投稿 -

こちらもユニークなカスタムが施されたT30エクストレイルです。

ブラックカラーのボディーをベースに、フロントバンパーに社外のグリルガードと一体式の大型バンパープロテクターを装着して、迫力あるフロントマスクとなっています。

面白いのは、ボンネット先端に取り付けられた日産のボンネットマスコットです。おそらくグリルガードによって隠れてしまったグリルエンブレムの代わりに装着したのだと思いますが、日本ではまず見かけることのないマスコットだけに、新鮮に感じます。

また、社外のLEDオフロードランプが3つも追加されていてインパクトがあります。

 

cahyo adhiさん(@adhimukti)がシェアした投稿 -

こちらも大型のバンパーガードが装着されたT30エクストレイルです。

グリルに被さるようなデザインのガードが装着されたことにより、一気にワイルドな雰囲気が高められています。

さらにLEDのオフロードランプをガードとルーフに装着することで、悪路を走破するイメージがよく似合うルックスとなっています。

しかし、タイヤとホイールは意外にもオンロード系のタイプが履かせられています。車全体からすれば大きな違和感はないものの、足元にもオフロードの要素を持たせた方が、より一層、統一感を高められたのではないかと思います。

 

こちらはオンロード系のカスタムが施されたT30系エクストレイルです。

車高はノーマルですが、外装には社外の前後ハーフスポイラーとサイドステップが装着され、若干ですが下廻りに厚みが増しています。

ホイールはゴールドのRPF1が履かされていて、地味な印象の外観にインパクトを与えています。サイズは18インチ前後だと思いますが、大きすぎ、小さすぎず、丁度良い大きさがチョイスされていると思います。

また、ヘッドライトには社外のアイラインが組わされ、鋭い目つきとなっています。

 

X-Trail-Club.comさん(@x_trail_club_ru)がシェアした投稿 -

個性的な顔つきとなったT30エクストレイルです。

この車の最大の特徴は、フロントバンパーがグリルガードと一体式のスチール系のタイプへと変更されている点です。

見た目はいかにも頑丈そうで、ちょっとぶつかっても、ビクともしなさそうです。

平面的なデザインのバンパーに、社外のウインカーレンズを装着し、ラジエター用のダクトを中央に設けることで、機能面も犠牲にはなっていません。

残りの外装部分に関しては、ホイールも含め、ノーマルです。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

車高がローダウンされた仕様のT30エクストレイルです。

ホイールは20インチ前後のサイズだと思いますが、ポリッシュカラーの10本スポークタイプが履かせられていて、おしゃれな印象の足元になっています。

しかし、フロントのホイールがフェンダーの内側に引っ込み過ぎて見えるのが、残念です。今後はスペーサーを追加して、ホイールのリムがフェンダーに対してツライチ状態に近づけるよう、改善してほしいですね。

その他外装に関しては、ドアミラーウインカーが追加されている以外は、基本的にノーマルとなります。

 

@nissan_x_trail_communityがシェアした投稿 -

フルエアロをまとった、T30エクストレイルの登場です。

写真が暗くてわかりにくいですが、リアバンパー中央部が黒く塗り分けられていて、スポーティー度合いがかなり高められています。

ホイールは22インチくらいありそうな大口径サイズが履かせられていて、存在感があります。

また、車高も下げられていて、SUVにも関わらず、フェンダーがタイヤに少し被さり気味の状態となっています。

オフロード系カスタムとは真逆の、シティー系おしゃれカスタムのこの仕様は、新鮮に感じますね。

 

Kesitさん(@kesit_m)がシェアした投稿 -

ラリーカーのような佇まいのT30エクストレイルです。

純正のガンメタカラーのボディーをベースに、赤いマッドガード、ホワイトの小径社外ホイール、そして肉厚のオフロード系のタイヤを組み合わせてドレスアップしています。

車高はおそらくノーマルだと思いますが、十分ワイルドな雰囲気を演出できていると思います。

さらに細かく見ると、ルーフスポイラーとリアガーニッシュがマットブラックに塗装されていて、さりげなく個性を主張しています。

 

ブラックボディーにバイナルグラフィックスが施されて、個性的な仕様となったT30エクストレイルです。

存在感が強まったエクステリアに負けないよう、ホイールもインパクトのある20インチ前後のメッシュスポークタイプをセレクトして、全体のバランスを取っています。

さらにフロントフェンダー後方には社外のダクトが加えられ、ヘッドライトのコーナーレンズはオレンジ色のフィルムが貼られているなど、細かい部分のカスタムにも抜かりはありません。

 

一瞬、初代フォレスターのようにも見えてしまう、T30エクストレイルの登場です。

その原因は、ボンネット上に設けられたエアダクトと、アイラインによって目つきが変わったヘッドライトが大きく影響しているからだと思います。

一方、ルーフにはハイパールーフレールが追加され、さらにドライビングランプのレンズ部にイエローフィルムを貼ることで、個性に磨きをかけています。

また、ホイールはブラックカラーのメッシュスポークタイプを履かせて、統一感のある外観に仕上げています。

 

こちらもオフロードを強く意識したルックスに仕上げられたT30エクストレイルです。

足元はブラックカラーのスチールホイールに分厚いオフロードの系のタイヤが組み合わされ、大胆にもハミタイ状態でセットされています。もはやフェンダーの内側に収めるつもりはなさそうですね。

また、フロントバンパーには社外のバンパープロテクターが追加されてワイルドな印象を高めつつ、ルーフにもイエローの丸型フォグランプを装着して、悪路シーンが似合う仕様にカスタムされています。

 

starさん(@star_karaeng)がシェアした投稿 -

珍しいスポークデザインのホイールが履かせられているT30エクストレイルです。

サイズは19インチ前後だと思いますが、ツインスポークに存在感のあるセンターキャップが組み合わされています。ピアスボルトも備わっていますが、粒の大きさがかなり大きく、個性的です。

また、フロントマスクも個性的で、通常のグリルエンブレムに加え、ボンネット先端に日産のボンネットマスコットとアルファベットのエンブレムが装着されています。

フロントだけでも、3箇所も日産のブランドアピールをしているので、少々くどい気もしますね。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。