「ヤフオクで中古車を購入しようと思ってるけど、トラブルが多いみたいだしちょっと不安…」

「中古車販売店で買うよりヤフオクのほうが安いよね。何に気を付けたらいい?」

ヤフオクでの中古車購入、たしかに中古車販売店で買うより安い場合もあります。

一見個人売買のようですが、ヤフオク=個人売買というわけではなく、ヤフオクならではのリスクや注意点があるんです。

どんなことに気を付けたらいいか、1つずつわかりやすく解説します。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

悪徳業者も多数出品、ヤフオクで中古車を購入する際の6つの注意点

ヤフオク

ヤフオクは個人だけでなく、悪質な販売業者も多数参加しています。なにがどう悪質なのか、注意点を挙げて解説していきます。

「非常に良い」評価が多くても信用できない

評価
ヤフオクで中古車を購入するにあたって、出品者の評価は無視できません。「非常に良い」・「良い」評価がたくさんついていると安心しますよね。

しかし、良い評価の数だけみて信用するのは危険です。いろんな中古車を見ていくなかで、何百何千とついている評価をひとつひとつは見ませんよね?

それぞれの評価をつけている「評価者」のIDをよく見てください。評価をつけているのがおなじ数人だけの場合、複数のIDをつかって自分の評価を上げている可能性があります。

「非常に悪い」評価は相手しだいで信用できる

ヤフオクで取り引きした相手に「非常に悪い」評価をつけたこと、ありますか? 私はありません。逆うらみされて、こちらに悪い評価をつけられるのがイヤだからです。

よっぽどのことがないと悪い評価はわざわざつけず、最終的に商品さえ届けば、あとは多少トラブルがあっても悪い評価はつけずにスルーします。

悪い評価がひとつでもついているということは、よっぽどのことがあったということです。

500件の良い評価に対して1件しか悪い評価がなくても、それは氷山の一角でしかありません。

「多少の悪い評価はしかたない」と流してしまうのではなく、そういう出品者からは中古車は買わないようにしましょう。

ただ、評価をつけた側に問題がある場合もあるので、これも数字だけでなく、つけた相手の評価とコメントもよく見ることが必要です。

複数のIDをつかった値段のつりあげがよくある

評価だけではなく、値段のつりあげのために複数のIDをつかうひともいます。つりあげの手口は以下のとおりです。

安いスタート価格で出品して注目を集める

ほかのIDをつかって自分に入札して、値段を上げていく

終了日時までに自分以外の入札者があらわれなかったら、キャンセルして再出品する

自分以外の入札者が希望の値段を入札してくれるまで、再出品をくりかえす

おなじIDで何回も出品するとつりあげがバレてしまうので、べつのIDをつかって再出品することもあります。

入札者がいるのにおなじ中古車が何度も再出品されているのを見たら、つりあげを疑いましょう。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

スタート価格が安くても最低落札価格がついている車は高い

スタート価格が安い中古車でも、「最低落札価格あり」と書いてあったらその値段では買えません。

たとえば150,000円で出品されている中古車でも、最低落札価格が2,000,000円なら2,000,000円を超える額で入札したときに初めて落札できる可能性があります。

ヤフオクでは、その中古車の最低落札価格がいくらか、というのは公開されません。入札したときに自分の入札額がその金額に達しているかいないか告知されるだけです。

「出品者へ質問」で額を聞くこともできますが、公開する義務はないので、答えてくれるひとは少ないです。たいてい、スタート価格とはかけはなれた高い金額が設定されています。

もし同時に「即決価格」も設定されていたら、最低落札価格は即決価格と同額だと思ってください。

ほかで売れなかった中古車を売ろうとしている業者が多い

ヤフオクで出品されている中古車のなかには、中古車オークションで売れなかったから、という理由で出品されているものも多くあります。

中古車オークションでは検査員による審査があって、その車に悪いところがあれば低い評価がつけられます。

しかし、ヤフオクには検査員はいないので、出品者が書いた情報だけがそのままその車の唯一の情報になるわけです。

このため、たとえば修復歴をかくしたりして、本来の価値以上の値段で出品している業者が多くいます。

ひとめで業者とわかるような出品者はおらず、いかにも個人で出品しているかのように装っています。

ヤフオクで中古車を買うということは、そういう業者を相手にすることだと思ってください。

走行距離メーターの改ざんがあとを絶たない

ヤフオクで出品されている中古車に多くあるのが、走行距離メーターの改ざんです。改ざんは専用の機械をつかうか、メーター自体を交換すればかんたんにできてしまいます。

実際は300,000km以上走行している車なのに、「走行距離:21,000km」と、ありえないほどの嘘をついて出品される中古車があとを絶ちません。

メーター改ざんがバレて逮捕される業者が毎年出ているにもかかわらず、「でも安いから」という理由でヤフオクで中古車を買うひとがたくさんいるので、悪徳業者もいなくならないんです。

ヤフオクに出品されている中古車の走行距離は、まず信用できないと思ってください。

ここまで書いてきましたが、ヤフオクでいい中古車・出品者を見分けるのは、かなりむずかしいです。

この記事を読んだことで、悪質な中古車を買ってしまわない手助けになれることを願っています。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

パワーボム
パワーボム
元パチスロライター。車とゲームとプロレス観戦(ノアファン)が大好き。21歳で免許を取ってから、車を乗り尽くす。家から700km、四国のなかを1400km移動し、また700kmの距離を帰るツアーで、四国八十八ヶ所巡りを車で成し遂げる。