1分で車を60万円値引きする裏技

車買取の査定額は車内の匂いで減額される?!正しい対処法を解説!

乗っている車を売る際に査定金額が下がってしまう要素はいろいろありますが、車内の「匂い」が影響することはあまりご存じありませんよね。

今回は買い取り額に影響する車内の「匂い」について、対処も含めてご説明します。

車買取査定で車内の匂いは影響あるのか

普段自分の車に乗っていても車内の匂いは気にならないのですが、ひとたび他の人の車に乗ったりすると匂いが気になったりしませんか?

そういう車内の匂いは中古車としてはマイナス要因なので、買取の査定にも響いてきてしまうのです。

車内の匂いと査定金額への影響

匂い

車に長く乗っていると、自分では気づかない生活臭やタバコの匂い、香水の匂いなど、さまざまな匂いが車のシートや内装などに染み込んでいきます。

次のような匂いは中古車を買う人にとっては結構気になるもので、我慢できない匂いは中古車のマイナス要因となってしまいます。

タバコの匂い

まず一番気になる匂いはやはりタバコの匂いです。

タバコの匂いは中古車の買い取り査定には大きなマイナス要因となり、30,000円~50,000円程度の減額になってしまいます。

また車内のタバコの匂いがひどかったり、ヤニがかなり残ってしまっている場合には、清爽などの費用もあり100,000円近い減額になる場合があります。

タバコを吸う人でも違う銘柄の匂いは気になると思いますが、タバコを吸わない人にとってタバコの匂いは深刻な問題で、どんなに状態のよい車でも匂いだけで敬遠されてしまうでしょう。

中にはタバコの匂いで気分が悪くなったり頭が痛くなったりする人もおり、私の親の車がそうでしたが、そういう車には乗りたくないと思ってしまいます。

タバコを吸うことが悪いわけではないのですが、不特定多数の人が選ぶ中古車としてはどうしても金額を下げざるを得ないわけです。

ペットの匂い

最近は車に愛犬や愛猫などペットと一緒に乗る人も増えてきましたが、このペットの匂いが車に染み付くと大きなマイナス要因となり、査定金額に30,000円~50,000円程度のマイナスがつくことがあります。

たまにしかペットを乗せないのであれば影響は少ないのですが、頻繁にペットを車に乗せていると毛やフケなどが車内にたくさん付着し、これが匂いの原因になります。

ペットといつも接していると気にならない匂いですが、やはり他人には厳しい匂いである場合が多いので。査定金額にも大きな影響が出ます。

ペットを乗せる頻度によって車内の匂いは変わってくるので、それに応じたマイナス査定がつくでしょう。

汗や体臭などの生活臭

これは車に乗っている限りしかたないことなのですが、汗や体臭がシートなどに染み付き匂いの原因となります。

もし他人が気になるほどの匂いが残ってしまっていると、査定金額から10,000円程度はマイナスされる可能性があります。

生活臭は中古車の場合少なからずありますので、多少であれば中古車を買う人も気にはしないでしょう。

しかし汗の匂いがきつく残ったり、車内で食べ物を食べた時の匂いが残ったりしていれば、残念ながら中古車としては多少減額されてしまいます。

車の中ではあまり匂いのきつい食べ物を避けたり、車内を清潔に保つのは大事なことです。

香水の匂い

車内に残った香水の匂いも査定に影響する要因で、査定金額から10,000円程度は減額される可能性があります。

普段から香水に慣れていると気にならないのですが、車の中には香水の匂いは結構残ってしまい、中古車を買う人によって匂いの好き嫌いが出るでしょう。

それが中古車の買い取り金額にも反映されてしまうのです。

車種によっても匂いによる価格の影響が変わる

車の匂いによる査定金額への影響は、匂いの種類で変わるだけではなく車種によっても変わってきます。

簡単に言うと高級車であればあるほど査定金額への影響は大きく、一般車のほうが影響は少ないと言えます。

いくら中古車と言えど高級車ですから、買う側としては車内の匂いには一層敏感です。

誰もわざわざ匂いが厳しい高級車は買いたいと思いませんよね。

車の車種による査定金額への影響はクラスと呼ばれており、一般財団法人日本自動車査定協会が定めているものです。

クラスには次のような「クラス係数」というものが設定されており、マイナス査定に対する係数が細かく決められています。

クラスクラス係数代表的な車種参考:輸入車
のクラス係数
0.7・スズキ ワゴンR
・ホンダ N-BOX
0.8・トヨタ カローラ
・日産 ノート
1.0
1.0・トヨタ プリウス
・スバル レガシィ
1.3
1.2・日産 スカイライン
・ホンダ オデッセイ
1.7
1.4・トヨタ アルファード
クラウン
・日産 エルグランド
フーガ
2.4
A1.5・レクサス IS-F
・日産 シーマ
3.0
B1.8・レクサス LS4603.6
C2.2・日産 GT-R
・レクサス LF600
7.0

※参考HP:日本自動車査定協会

このクラス係数はマイナス査定のポイントに応じて加算される倍率で、数字が大きければ大きいほど同じマイナス査定でも金額は大きくなります。

たとえばクラス係数0.7の「軽」でタバコのマイナス査定を受けて30,000円減額されたとすると、同程度のタバコの匂いでクラス係数1.4の「」の車では倍の60,000円減額となるわけです。

高級車になればなるほど、同じ匂いによるマイナス査定でも大きな金額の差が出てきます。

また輸入車についてはさらにクラス係数が大きい為、国産車よりもマイナス査定が厳しく響いてきます。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記のたった1分で車を60万円値引きできる裏技のページをご覧ください。

裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

車の匂いを除去する方法

車の匂いはそのままだと査定金額に大きなマイナス要因となりますが、あらかじめ自分で匂いをできるだけ除去することで、少しでも改善することはできます。

車内がキレイになればそれだけ査定額が上がる可能性が出てきますので、お金はあまりかけずにできる限りのことをしましょう。

車内清掃をしっかりと

掃除

まずは基本中の基本である車内の清掃をすることです。

ゴミを捨て、汚れた箇所を拭き掃除するだけでもずいぶん匂いに対して効果があります。

見落としがちなのはシートやカーマットの隅に残っている毛や食べかすなどの汚れです。

狭いところなのでパッと見でキレイになっていても、隅の方には残っているものです。

車内用の掃除機を使ったり、拭き掃除にはウエットシートを活用すると便利です。

愛車とのお別れになるのですから、せっかくですししっかりキレイにしておきましょう。

消臭剤を使う

車内の匂いを消す消臭剤を使うのも楽に匂いを取る手段の一つです。

前述の車内清掃で匂いのもとをできるだけ掃除し、残った匂いを消臭剤で消すのです。

スプレータイプの消臭剤でシートやカーペット、天井などの柔らかいところに付いた匂いのもとを断ち、匂いを吸着する置き型の消臭剤も設置すればかなりの効果があるでしょう。

注意点としては、芳香剤タイプのものや香り付きの消臭剤を使わないことです。

そういった香りは自分では良い匂いだと思っても、匂いには変わりありませんので結局マイナス査定になるかもしれません。

無香料タイプの消臭剤はも数多く売られていますので、そういうものを使うようにしましょう。

専門業者に依頼する

匂いがしつこくなかなか取れない場合には、車内クリーニングサービスを行っている専門業者に頼むのも一つの手です。

数千円の費用はかかりますが、プロならではの徹底した消臭効果が期待できます。

車内クリーニングはガソリンスタンドやカー用品専門店でサービスを行っている他に、民間の自動車修理工場などでも行っています。

こういった業者ではオゾン脱臭機などの専用設備を使って徹底的に匂いを消してくれるので、スプレーなどでやるよりも効果的です。

また車内のゴミ、汚れ取りなどの車内清掃もセットでできるところがありますので、多少の費用をかけるだけで匂い対策ができます。

もちろんどんな匂いでも取れるわけではありませんが、自分でやるよりも確実で、しかも楽に清掃ができるのがメリットでしょう。

エアコンフィルタにも匂いが付いている

匂い対策で案外見落としがちなのは、エアコンなどの空調設備に染み付いた匂いです。

エアコンは車内の空気を循環させているので、車内の匂いも一緒に取り込んでしまい、エアコンのフィルタなどに匂いの原因物質が残ります。

特にタバコの匂いやヤニなどはフィルタにびっしり付きますので、どんなに車内をキレイに清掃しても、エアコンをつけたとたん匂いのある空気が流れてきてしまいます。

エアコン清掃は私たち素人にはできませんので、前述した専門業者さんにお願いすることができます。

エアコン清掃だけで5,000円~10,000円ぐらいですが、車内清掃とセットサービスになっているところもあります。

費用はかかりますが、マイナス査定で大きく値段が下がってしまう高級車などにはやっておいた方が結果的にお得になるでしょう。

車の匂いを消して楽しいカーライフを

カーライフ

車の匂いはずっと長い間乗っている人には気にならなくても、中古車で買った次のオーナーには大きな問題です。

ちょっとした匂いでもなかなか消えないものなので、車に乗っている間中、匂いが気になってしまうものです。

私の体験ですが、子供のころに親が乗り換えたワゴン車は車内の匂いが結構きつく、車に乗るのが嫌になったことがありました。

両親ともタバコは吸わないのですが、前のオーナーが結構吸っていたようで、エアコンを付けるとイヤな匂いが出てきたものです。

その車は10年近く乗りましたが、結局最後まで慣れることはありませんでした。

車を売る際に匂いを除去しておくことは査定金額にも関わりますが、それに加えて次のオーナーが充実したカーライフを送るために重要なことだったりします。

多少は手間も費用も掛かりますが、愛車が次のオーナーにも愛してもらえるように、愛車には送り出しのお掃除をしてあげてはどうでしょうか。