1分で車を60万円値引きする裏技

中古車はディーラーでの購入が安心といえる4つの理由!

「『中古車を買うならディーラーが安心』って聞くけど、本当かな?」

「具体的にどの辺が安心なんだろう?」

一般的によく言われる、ディーラーの中古車は安心できる、という話。

率直に言って、その話は本当です。

具体的にどこがどう安心なのか、その理由を1つずつ説明していきたいと思います。

購入時だけでなく、購入後も。ディーラーの中古車が安心な4つの理由

安心

ディーラーの中古車が安心な理由は4つあります。さっそく説明していきます。

走行距離メーターの改ざんをしない

ディーラーで中古車を購入するのが安心な理由その1。ディーラーは走行距離メーターの改ざんをしません。

悪質な中古車販売業者がよくやる、走行距離メーターの数値を下げ、実際の走行距離よりも少なく見せて、高い価格で売るという手口。

やり方としては、以下の2つがあります。

    メーター改ざんの手口

  • 専用の機械を使って数値を低くする
  • メーターそのものを走行距離の少ないものと取り替える
どちらもやろうと思えば簡単にできてしまい、そんな手を加えられて出回っている中古車が数多くあるのが現状です。

一応、車検証を見れば、前回の車検時の走行距離と、前々回の車検時の走行距離(旧走行距離)が記載されています。

しかし、こんな方法を使えば車検証もごまかせます。

メーター表示
80,000km

走行距離
60,000km

旧走行距離
45,000km

メーターを
50,000km
改ざんする

車検に出す

メーター表示
50,000km

走行距離
50,000km

旧走行距離
60,000km

このままでは旧走行
距離よりも走行距離
が減っていてバレて
しまう

同じ日にもう1
車検に出す

メーター表示
50,000km

走行距離
50,000km

旧走行距離
50,000km

これは実際に使用された手口です。

この対策として2017年1月から法律が変わって、過去の車検時走行距離の「最大値」が車検証に記載されるようになりました。

上の表の車を、20171月以降に車検に通すと、下の表のようになります。

201612月までの
車検証

メーター表示
50,000km

走行距離
50,000km

旧走行距離
50,000km

 20171月から、
過去の車検時最大の
走行距離(最大値)
を表示
20171月以降の
車検証

メーター表示
50,000km

走行距離
50,000km

旧走行距離
50,000km

「最大値」
60,000km

80,000kmのときには車検に通さないまま改ざんしているので、80,000kmという数値は記録に残りません。

また、例えば2016年の12月にこの手を使って車検に出したばかりの車の場合、2018年の12月に車検に出すまで最大値を記載する必要がなく、改ざんして売りたい放題です。 

こんな風に、悪質な中古車販売業者によるメーター改ざん被害が多くありますが、ディーラーはこういうことはまずしません。 

全国的に名が知れているだけに、一度信用を失ったら一気に広まってしまい、会社が倒産に追い込まれる危険性があります。

なので、ディーラーで売られている中古車には、こんな手は加わっていないと見て大丈夫です。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記のたった1分で車を60万円値引きできる裏技のページをご覧ください。

裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

購入時の諸費用でぼったくられない

ディーラーで中古車を購入するのが安心な理由その2。購入時の諸費用の金額が良心的です。

購入時にかかる諸費用はいろいろありますが、中でも「代行費用」は金額を店が自由に設定できます。

悪質な販売業者だと、本体価格を安く見せて、この代行費用で法外な金額を取ることがあります。

例えばディーラーだと1万円で済むところを、5万円請求されることも珍しくありません。

代行費用に大金を払うぐらいなら、その分を本体価格に回して、質のいい中古車を買いたいですよね。それをやっているのがディーラーです。

私もディーラーで中古車を購入しましたが、代行費用は以下の金額でした。

  • 検査登録手続き代行費用18,792
  • 車庫証明手続き代行費用15,552
どちらも安くて10000円以上かかる費用なので、ものすごく安いというわけではないものの、ぼったくりと思うほど法外な金額ではありませんでした。 

どういう乗られ方をしてきた車かがわかる

ディーラーで中古車を購入するのが安心な理由その3。ディーラーの中古車は、今までどういう乗られ方をしてきたかが明白です。

ディーラーで販売される中古車の大半は、新車購入時に下取りに出された車です。中古車オークションから仕入れたような車と違い、過去の点検、整備の記録がしっかり残っています。

そのため、悪い箇所があれば早期発見できますし、中古車として売りに出す前にしっかり直します。 

2年に1度の車検にしか出さなかったような中古車より、ディーラーでの点検、整備をまめに受けていた中古車の方が質がいいのは言うまでもありません。

過去の状況がわかるというのは中古車にとって重要なことなので、これも安心できる要素の1つです。

アフターサービスが全国の系列店で受けられる

サービス

ディーラーで中古車を購入するのが安心な理由その4。「全国どこにでも店舗がある」ことです。

例えば以下のようなときに、車を購入した店舗じゃなくても、現在地の最寄店舗で同じサービスが受けられます。

  • 旅行先で車が故障した
  • 購入した店舗から離れたところに引っ越した 
ディーラーでは、同系列の他店舗で受けた整備内容も記録として管理されているので、初めて行った店舗でもすぐに車の状況を把握して、対応してくれます。

売って売りっぱなしではなく、購入者がどの都道府県で困っても大丈夫なように、常にサポートしてくれます。全国規模のディーラーならではの安心材料ですね。

購入するときも購入したあとも、「安心」を得たいならやはりディーラーで買うのが一番です。この記事を参考にして、選ぶ価値があるかどうかの判断のお役に立ててもらえれば幸いです。