Wa Leeさん(@walleyemance1)がシェアした投稿 -

ワインレッドカラーのCE1系アコードワゴンです。

純正オプションのフロントリップスポイラー、社外のサイドステップ、サイドアンダースポイラーがエアロパーツとして装着されています。

ホイールはボルクレーシングのCE28Nがセレクトされ、車高もしっかりローダウンされて、カッコよくキマッています。

ヘッドライトのロービームにはプロジェクターライトがインストールされ、フロントバンパーウインカーレンズがクリアタイプに交換されて、少し個性的なフロントフェイスになっています。

 

Oldskoolhonda_さん(@oldskoolhonda_)がシェアした投稿 -

ホワイトカラーのCE1系アコードワゴンです。

外装は、社外のフロントハーフスポイラー、サイドステップ、リアハーフスポイラー、そしてルーフスポイラーを装着してイメージチェンジをしています。

フロントバンパーウインカーレンズとコーナーレンズがクリアタイプへと交換され、フロント廻りがすっきりとした印象になっています。

ホイールはBMS X1043だと思いますが、あえて小径サイズに留められていて、ホイールの存在感がボディーデザインをスポイルしないよう配慮されています。

 

エンジンルームにも手が加えられた、2代目アコードワゴンです。

元々シングルカムエンジンのグレード(CE1)なのか、ツインカムエンジンのグレード(CF2)なのかは定かではありませんが、シェイプドベイされたグリーンカラーのエンジンルームにはツインカムエンジンが搭載されています。

エンジンはH22Aでしょうか?巨大なタービンが装着されていて驚かされます。どんな走りをするのか気になりますね。

外装もシンプルながらもきっちりと手が加えられていています。ボディーはオレンジ色にオールペイントされ、社外のフロントリップスポイラーが装着されています。

ホイールはポリッシュカラーのメッシュスポークタイプをセレクトしており、ハードにチューンされたエンジンとは対照的に、スポーティーさよりもエレガントさが強調されています。

 

Isami Murataさん(@isamin7777)がシェアした投稿 -

真っ赤なCE1系アコードワゴンです。

おそらく社外だと思いますが、フロントアンダースポイラーが装着され、車高の低さをアピールしています。

ホイールはワークのイミッツがセレクトされ、真っ赤なボディーとあいまって、煌びやかな雰囲気を演出しています。前後のナチュラルキャンバーの角度のつき方もカッコいいですね。

フロントバンパーのナンバープレートレス化やバンパーウインカーレンズのクリア化で、他のアコードワゴンとは一味違う顔つきになっています。

車高はエアサスにて着地寸前までローダウンされています。

 

シャンパンゴールドカラーのCE1系アコードワゴンです。

社外のリアハーフスポイラーとサイドステップ、ルーフスポイラーを装着して個性的なルックスを手に入れています。

ホイールはコンケーブ形状のスポーティーなガンメタカラー仕様で、若干ハミタイ気味でセットされています。

よく見ると、リアの赤いUSマーカーレンズがクリアタイプへと交換されて、さりげなく雰囲気を変えています。

ボディーカラーの影響か、エアロパーツが組み合わされている割には、車全体的に控え目な印象ですね。

 

Kakei Yasuhiroさん(@170motoring)がシェアした投稿 -

VIPワゴン仕様にカスタムされたCE1系アコードワゴンです。

ワンオフ製作されたフルエアロをまとい、前後フェンダーはブリスター化されて、迫力あるエクステリアを表現しています。

ホイールは深リムサイズの5本スポークタイプをチョイスして、それをブラック塗装することで足元を引き締めています。

サイドウインカーレンズはドアミラーウインカーとして移設され、さらにルーフをブラックに塗り分けるなど、今時のトレンドを取り入れることで、古い車体を新しく見せる工夫が施されています。

 

Hattori Takuyaさん(@takuyaaaaa0925)がシェアした投稿 -

20年以上前の日本でよく見かけた懐かしい仕様のCE1系アコードワゴンです。

特に懐かしいポイントはホイールで、ブーメランを彷彿とさせる3本スポークは、アメリカンなカスタムにはマストアイテム的存在でした。

この車は、そんな3本スポークのメッキホイールを、メッキのフェンダーアーチと組み合わせてセットしています。

その他、社外のサイドステップと社外のリアバンパーを装着してドレスアップしています。

よく見ると、フロントのコーナーレンズはUSスペック純正に交換され、ドアミラーにはメッキカバーが装着されています。

 

Frankee Figgsさん(@frankee_figgs)がシェアした投稿 -

懐かしのCB9系アコードワゴンです。

日本でも、ほとんど見かけることがなくなった車種ですが、改めてカスタムされたCB9を見ると、カッコよさを再認識させられます。

この車は基本的にエアロレスのシンプル車高短仕様です。

ホイールは落ち着いた雰囲気のポリッシュカラーで、フラットリムが深リム具合を強調しています。

マフラーは少しヤンチャな1本出しの跳ね上げタイプで、音量の大きい排気音が聞こえてきそうです。

また、ルーフにはマニア必見の希少な純正サンルーフバイザーが付いていますね。

 

ena(kouhei)さん(@bbqstyle_ena)がシェアした投稿 -

こちらもVIPワゴン仕様のCE1系アコードワゴンです。

社外のフルエアロをまとい、前後加工されたフェンダーに深リムホイールがネガキャン状態でセットされています。しかも、完ぺきなツライチ状態を実現しています。

フロントバンパーはダミーのコーナーセンサー付きのモールを左右に分けて取り付けている他、ナンバープレートレス化を施して新鮮な雰囲気を取り入れています。

また、よく見ると、USコーナーレンズを装着して、さりげなくアップグレードしています。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

Frankee Figgsさん(@frankee_figgs)がシェアした投稿 -

こちらはCB9系アコードワゴンです。

希少なサンルーフ付きのボディーは、ノーエアロのシンプル車高短仕様です。

フロントグリルがメッシュタイプへと交換されている他、ボンネット先端にはノーズブラが装着され、小物類を使ってさりげなくカスタムしています。

ホイールは15インチ前後サイズのXXR 501を履かせています。スポークカラーはゴールドをセレクトして、ダーク系のボディーカラーを引き立てています。

車高はローダウンされていますが、あえて余裕を残した低さに留めています。

 

Youhei Matsushitaさん(@y_matsu0302)がシェアした投稿 -

ホワイトカラーのCF6系アコードワゴンです。

エアロ類は基本的にはノーマルですが、フロントバンパー下のみ社外のアンダースポイラーを追加しています。

また、フロントグリルを社外へ交換している他、ヘッドライトはコーナーレンズがオレンジ色のCL1系アコードユーロR用純正を移植しています。

ホイールはスタンス的なデザインの5本スポークタイプで、スポークカラーにブラウンカラーをセレクトすることで、個性的な外観に仕上げています。

また、よく見ると、ドアミラーがエアロタイプへと交換されています。

 

YESMAN_PocoSwapperさん(@yesman530)がシェアした投稿 -

ハードにカスタムされたCF6系アコードワゴンです。

社外のフルエアロで武装し、リアフェンダーはきれいにつくり直され、さらにブラックに塗装されたスポーティーなホイールを組み合わされることにより、唯一無二の存在となっています。

ボディーカラーは渋いガンメタカラーに塗装され、グリーンカラーに塗装されたブレーキキャリパーやエンジンヘッドカバーが、ただならぬ雰囲気を醸し出しています。

エンジンルームにもどんなカスタムが施されているか気になりますね。

 

渡部一輝さん(@kazuki1975)がシェアした投稿 -

こちらはCM2系アコードワゴンです。

ナンバープレートレス仕様の社外のフロントバンパーが装着され、グリルもメッシュタイプへと交換されてノーマルとは異なる表情に変わっています。

ホイールはワークのマイスターで、深リムサイズを鬼キャン状態にして純正フェンダーにねじ込んでいます。スポークカラーもボディーカラーと対照的なブラックを選んだことで、車全体にメリハリが付いた印象になっています。

車高もかなり低くセットされていて、カッコイイです。

 

Rafael Vegaさん(@accordcollective)がシェアした投稿 -

ハードにカスタムされたCE1系アコードワゴンです。

ボディーは独特なオレンジ系ゴールドにオールペイントされ、一際目立つカラーリングとなっています。

フロントには社外のアンダースポイラー、サイドステップにも社外品が装着され、さらにルーフスポイラーもより大型のものが追加されています。

ホイールはあえてオーソドックスなシルバーカラーの5本スポークデザインをチョイスすることで、外観のバランスを取っています。

また、写真のアングルから、エンジンがどのような仕様になっているのはわかりませんが、エンジンルームもきれいにカスタムされています。

 

Paul Taitさん(@bettercallpaulfab)がシェアした投稿 -

モデューロのハーフエアロでさりげなくドレスアップされたCF6系アコードワゴンです。

社外のエアサスによって、着地寸前まで車高がローダウンされ、前後フェンダーもホイールに完全に被さってしまっています。

ホイールはゴールドカラーのツインスポークタイプですが、サイズは17インチ前後の、あえて控え目な大きさをセレクトしています。

車高は極端に低いものの、基本的にはCF6本来のスタイルをそのまま活用しつつ、純正プラスアルファの感覚でカスタムされています。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。